音認識と骨伝導技術で“いびき”を防止するアイマスク

ホーム > 新製品ニュース > スマートフォン・携帯電話 > 携帯電話アクセサリ > 音認識と骨伝導技術で“いびき”を防止するアイマスク

音認識と骨伝導技術で“いびき”を防止するアイマスク

2018年2月15日 11:11掲載

Snore Circle Smart Eye Mask/スノアサークル スマートアイマスク SC 23-002 Snore Circle Smart Eye Mask/スノアサークル スマートアイマスク SC 23-002 Snore Circle Smart Eye Mask/スノアサークル スマートアイマスク SC 23-002
Snore Circle Smart Eye Mask/スノアサークル スマートアイマスク SC 23-002 Snore Circle Smart Eye Mask/スノアサークル スマートアイマスク SC 23-002 Snore Circle Smart Eye Mask/スノアサークル スマートアイマスク SC 23-002

ウェザリージャパンは、VVFLYエレクトロニクス製のいびき防止スマートアイマスク「Snore Circle Smart Eye Mask/スノアサークル スマートアイマスク SC 23-002」の先行予約販売を、同社オンラインストアで開始した。通常販売は3月1日より行われる。

特許を取得した独自の音認識と骨伝導技術によって、いびきを防止できるアイマスク。睡眠中に起こるいびきを正確に捉え、本体に搭載したマイクロバイブレーションによって、副交感神経と咽頭神経を司る迷走神経へ働きかけ、いびきの原因である喉の筋肉の緩みを引き締め、気道を確保しスムーズな呼吸を促す仕組みだ。

いびき防止テクノロジーは、合計36パターンの強弱の振動を搭載し、人が肩を叩くよりもやさしく肩を叩かれるようで、睡眠を最大限妨げず、より良い睡眠をサポートできるように設計されている。

使用方法は、製品を装着後、本体のスイッチを入れて寝るのみ。本体だけでもいびき防止機能を利用できるが、専用のスマートフォンアプリ「Snore Circle V4/スノアサークル ブイ4」との連携も可能。同アプリは、いびきの回数や停止回数などの測定、いびきの音量(デジベル)や睡眠中の寝返り回数などの睡眠サイクルチェック機能といびきの録音機能や目覚まし機能などを搭載し、自信のいびきと睡眠状態を記録・分析できる。

このほか、本体素材には高密度なソフトスポンジを採用しており、違和感なく使用可能。アイマスク型であるため、いびき防止機能に加えて光を遮断でき、より快適な睡眠を実現する。

対応機種は、iOS7/Android 4.3以降のスマートフォン、Bluetoothのバージョンは4.0。本体サイズは23.5(幅)×8.3(高さ)×2.6(奥行)cm、重量が38g。バッテリーはリチウム電池80mAh。micro USB充電ケーブルが付属する。

価格は先行予約販売特別価格が12,960円、通常販売価格が16,200円。先行予約販売期間は2月15日〜21日の7日間。


関連コンテンツ

携帯電話アクセサリ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク