オンキヨー、富士通が開発協力したハイレゾスマホをCES 2017に出展

ホーム > 新製品ニュース > スマートフォン・携帯電話 > スマートフォン > オンキヨー、富士通が開発協力したハイレゾスマホをCES 2017に出展

オンキヨー、富士通が開発協力したハイレゾスマホをCES 2017に出展

2017年1月6日 16:10掲載

ハイレゾ対応スマートフォン イメージ

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、米ネバダ州ラスベガス市で開催される「CES2017」において、ハイレゾ対応スマートフォンを出展したと発表した。詳しい仕様や発売時期、価格などは未定だ。

デジタルオーディオプレーヤーの開発で培った回路設計やアンプ設計技術を活かして、開発したスマートフォン。具体的には、業界最高水準というDAC、アンプ、回路設計によって、ハイレゾ音源だけでなく、CDリッピング音源や圧縮音源、ストリーミング音源なども高音質化。Twin DAC搭載によるバランス駆動に対応するほか、FLAC、WAV、DSD、MQAの再生もサポートする。

このほか主な仕様は、ディスプレイが5型のタッチパネル液晶を装備。カメラ機能は、メインが1600万画素、サブが800万画素。microSDカードスロットを装備し、最大384GBのストレージ容量に対応する。無線通信はBluetooth、Wi-Fiをサポート。内蔵スピーカーとマイクも備える。デュアルSIMスロットも装備した。

なお、このハイレゾ対応スマートフォンの開発には、富士通コネクテッドテクノロジーズが協力しているとのことだ。

■関連リンク

ニュースリリース(PDF)


関連コンテンツ

スマートフォン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク