ASUS、4100mAhバッテリー搭載の「ZenFone 3 Max」を1/14発売決定

ホーム > 新製品ニュース > スマートフォン・携帯電話 > スマートフォン > ASUS、4100mAhバッテリー搭載の「ZenFone 3 Max」を1/14発売決定

ASUS、4100mAhバッテリー搭載の「ZenFone 3 Max」を1/14発売決定

2017年1月12日 16:50掲載

ZenFone 3 Max ZenFone 3 Max ZenFone 3 Max

ASUS JAPANは、1月中旬以降の発売を予定していた、SIMフリースマートフォン「ZenFone 3」シリーズの新モデル「ZenFone 3 Max ZC520TL」の発売日を決定。1月14日より発売する。なお、専用の純正ケース「Bumper Case(バンパーケース)90AC0240-BCS001」についても同時に発売する。

大画面5.2型HD液晶(720×1280ドット)や、大容量4100mAhのバッテリーを搭載しながらも、厚さ8.55mmのスリムボディを実現したのが特徴。大容量バッテリーで、最大約30日間の連続待受が可能なほか、付属のOTGケーブルを使用することで、モバイルバッテリーのように、ほかのスマートフォンなどの充電も行える。

また、2.5D曲面ガラスに最大400nitsの高輝度IPS液晶パネルを搭載。2.25mmのスリムベゼルやメタルボディを採用し、5.2型の大画面ながらもコンパクトなボディに仕上げている。さらに、本体背面には新たに指紋センサーを搭載し、安全、簡単、便利にログインが行える。

このほか、独自のユーザーインターフェイス「ZenUI 3.0」を搭載し、大きな文字とわかりやすい画面表示で、スマートフォン初心者でも迷わず使える「簡単モード」や、使用できるアプリを制限したり、使用時間に制限を設けられる「キッズモード」などを用意。高精度な日本語入力システム「ATOK」を標準搭載する。

主な仕様は、プロセッサーが「MediaTek MT6737M」、メモリー(RAM)が2GB、ストレージ(ROM)が16GB。外部メディアはmicroSDHCメモリーカードに対応。OSは「Android 6.0」をプリインストール。無線通信は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0をサポートする。

センサーは、GPS、加速度センサー、電子コンパス、光センサー、近接センサー、指紋センサーを搭載。インターフェイスとして、microUSB×1、microSIMスロット×1、nanoSIMスロット×1を備える。対応周波数は、FDD-LTEがB1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28、TD-LTEがB38/B41、W-CDMAがB1/B2/B5/B6/B8、GSM/EDGEが850/900/1800/1900MHz。

バッテリー容量は4100mAh。駆動時間は、Wi-Fi通信時が約17.7時間、モバイル通信時が約20.1時間、連続通話が約1188分(3G)、連続待受が約720時間(3G)。本体サイズは73.7(幅)×149.5(高さ)×8.55(奥行)mm。重量は約160g。ボディカラーは、シルバー、ゴールド、グレーの3色を用意する。

価格は「ZenFone 3 Max ZC520TL」が19,800円、専用バンパーケース「90AC0240-BCS001」が1,980円(いずれも税別)。

■関連リンク

【新製品ニュース】ASUS、約2万円で4100mAhバッテリー搭載の「ZenFone 3 Max」

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
ASUS ZenFone 3 Max SIMフリー 4100mAhのバッテリーを搭載した5.2型SIMフリースマホ 

関連コンテンツ

スマートフォン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト