モトローラ、デュアルSIMを採用したスマホ「Moto G5/G5 Plus」

ホーム > 新製品ニュース > スマートフォン・携帯電話 > スマートフォン > モトローラ、デュアルSIMを採用したスマホ「Moto G5/G5 Plus」

モトローラ、デュアルSIMを採用したスマホ「Moto G5/G5 Plus」

2017年3月16日 15:10掲載

Moto G5 Moto G5 Plus

シネックスインフォテックは、モトローラ・モビリティ・ジャパン製SIMフリースマートフォンの新製品として、5.0型モデル「Moto G5」と5.2型モデル「Moto G5 Plus」の取り扱いを開始。3月31日より発売する。

「Moto G」シリーズの第5世代となるモデル。いずれも、高級感のあるメタルボディ、高性能カメラ、終日駆動可能な大容量バッテリーなどの高機能ながらも、リーズナブルな価格を実現している。

■5.0型モデル「Moto G5」

5.0型フルHD液晶(1080×1920ドット)を搭載したモデル。約15分の充電で最長4時間の駆動が可能な10W高速充電器が同梱されている。

主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 430」、メモリーが2GB、ストレージが16GB。OSは「Android 7.0」をプリインストール。外部メモリーはmicroSDカード(最大128GB)に対応する。

カメラ画素数は、メインが1300万画素、サブが500万画素。無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.2をサポート。SIMカードスロットは、nanoSIM×2で、デュアルSIMデュアルSIMスタンバイ(DSDS)に対応する。

このほか、接続端子はmicroUSB。バッテリー容量は2800mAh。本体サイズは73.0(幅)×144.0(高さ)×8.7(奥行)mm。重量は149g。ボディカラーは、ルナグレーとファインゴールドの2色を用意する。

■5.2型モデル「Moto G5 Plus」

5.2型フルHD液晶(1080×1920ドット)を搭載したモデル。約15分の充電で最長6時間の駆動が可能な15W高速充電器が同梱されている。

主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 625」、メモリーが4GB、ストレージが32GB。OSは「Android 7.0」をプリインストール。外部メモリーはmicroSDカード(最大128GB)に対応する。

カメラ画素数は、メインが1200万画素、サブが500万画素。無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.2をサポート。SIMカードスロットは、nanoSIM×2で、デュアルSIMデュアルSIMスタンバイ(DSDS)に対応する。

このほか、接続端子はmicroUSB。バッテリー容量は3000mAh。本体サイズは74.0(幅)×150.2(高さ)×7.7(奥行)mm。重量は155g。ボディカラーは、ルナグレーとファインゴールドの2色を用意する。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
MOTOROLA Moto G5 SIMフリー 5.0型フルHD液晶を搭載したSIMフリースマートフォン 
MOTOROLA Moto G5 Plus SIMフリー 5.2型フルHD液晶を搭載したSIMフリースマートフォン 

関連コンテンツ

スマートフォン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト