シャープがフラグシップスマホを「AQUOS R」に統一、17年夏モデル概要も

ホーム > 新製品ニュース > スマートフォン・携帯電話 > スマートフォン > シャープがフラグシップスマホを「AQUOS R」に統一、17年夏モデル概要も

シャープがフラグシップスマホを「AQUOS R」に統一、17年夏モデル概要も

2017年4月18日 17:41掲載

「AQUOS R」イメージ 「AQUOS R」イメージ

シャープは、2017年夏モデルより、フラグシップスマートフォンのシリーズ名を「AQUOS R」に統一すると発表した。

「AQUOS R」は、「Reality(臨場感のある映像美)」「Response(なめらかで俊敏なレスポンス)」「Robotics(人工知能がかしこくサポート)」「Reliability(長く使える信頼性)」という「4つのR」をコンセプトに展開する。

これにともない、現在開発中という2017年夏モデルの仕様が明らかになった。具体的には、120Hz駆動ハイスピード対応の5.3型WQHD IGZO液晶ディスプレイを搭載。動きの激しい動画や画面スクロール時の文字がくっきり見やすく、2倍速いレスポンスを実現する(60Hz駆動との比較において)。

カメラ機能では、メインカメラは約2260万画素で焦点距離約22mm(35mm換算)、インカメラは約1630万画素で焦点距離約23mm(35mm換算)という超広角レンズを装備。従来の光学式手ブレ補正に加えて、動きながらの撮影に強い電子式手ブレ補正も備える。

機能面では、感情豊かに話しかけてくれる人工知能「エモパー」が進化。行動や習慣を学習し、未来の予定や時期にあわせてやるべきこと(ToDo)を提案する。さらに、動く充電台(ロボクル)にセットすれば、電話着信時やアラーム鳴動時にインカメラでユーザーを探し、振り向いて知らせてくれるとのことだ。

現在明らかになっている主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 835」、メモリーが4GB、内蔵ストレージが64GB。バッテリー容量が3160mAh。IPX5相当の防水性能とIPX8/IP6X相当の防塵性能を装備。OSは「Android 7.1」をプリインストールする。このほか、ワンセグ、フルセグ、FeliCa、NFCの利用も可能。前面指紋センサーも備える。本体サイズ(暫定値)は74(幅)×153(高さ)×8.7(奥行)mm。

■関連リンク

ニュースリリース


関連コンテンツ

スマートフォン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク