ソフトバンク、HMDと連携してVRを楽しめる「HTC U11」を6月下旬発売

ホーム > 新製品ニュース > スマートフォン・携帯電話 > スマートフォン > ソフトバンク、HMDと連携してVRを楽しめる「HTC U11」を6月下旬発売

ソフトバンク、HMDと連携してVRを楽しめる「HTC U11」を6月下旬発売

2017年5月25日 16:40掲載

「HTC U11」 「HTC U11」 「LINK」

ソフトバンクは、「ソフトバンク」ブランドより、2017年夏モデルのスマートフォン「HTC U11」(HTC製)を発表。6月下旬以降に発売する。

別売りのヘッドマウンドディスプレイ「LINK」(HTC製)と接続して、高解像度のVR(仮想現実)を楽しめるモデル。スマートフォン上でVRコンテンツを再生すると、スマートフォンにつないだ「LINK」を通じて、「まるで自分がVR空間を自由に動き回るかのように、臨場感の高い映像やゲームを楽しめる」という。「LINK」は7月下旬以降に発売する予定だ。

「HTC U11」の仕様面では、ディスプレイが約5.5型クアッドHD液晶(2560×1440ドット)を採用。カメラ機能は、メインが有効約1200万画素CMOSセンサー、サブが有効約1600万画素CMOSセンサーを装備する。さらに、ノイズキャンセリング機能付きのハイレゾ対応イヤホンを「HTC U11」に同梱。利用者の内耳の構造を認識し、それぞれの耳に適した音質に自動で設定する。

機能面では、本体の下部側面にタッチセンサーを搭載し、端末下部を片手で握るだけで写真撮影したり、あらかじめ設定したアプリケーションを起動できる「Edge Sense」を採用した。

このほか主な仕様は、プロセッサーがオクタコア「MSM8998」、メモリーが4GB、内蔵ストレージが64GB。外部記録媒体は最大256GBのmicroSDXCメモリーカードをサポート。IPX7相当の防水性能とIP6X相当の防塵性能も装備。無線通信はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN規格、Bluetooth 4.2に対応。OSは「Android 7.1」をプリインストールする。

バッテリー容量は3000mAhで、連続通話時間などは未定。本体サイズは76(幅)×154(高さ)×8.3〜9.7(奥行)mm、重量は約170g。ボディカラーは、アメイジング シルバー、ブリリアント ブラック、アイス ホワイトを用意する。

■関連リンク

【新製品ニュース】HTC、動き回れるVRヘッドマウントディスプレイ「LINK」

【新製品ニュース】HTC、本体を握ってカメラやアプリを起動・操作できるスマホ「HTC U11」

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
HTC HTC U11 SoftBank [アメイジング シルバー] HMDと連携してVRを楽しめる5.5型スマートフォン(アメイジングシルバー) 
HTC HTC U11 SoftBank [ブリリアント ブラック] HMDと連携してVRを楽しめる5.5型スマートフォン(ブリリアントブラック) 
HTC HTC U11 SoftBank [アイス ホワイト] HMDと連携してVRを楽しめる5.5型スマートフォン(アイスホワイト) 

関連コンテンツ

スマートフォン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト