アップルが5.8型有機EL搭載「iPhone X(テン)」発表、10/27予約開始

ホーム > 新製品ニュース > スマートフォン・携帯電話 > スマートフォン > アップルが5.8型有機EL搭載「iPhone X(テン)」発表、10/27予約開始

アップルが5.8型有機EL搭載「iPhone X(テン)」発表、10/27予約開始

2017年9月13日 16:07掲載

「iPhone X(テン)」 「iPhone X(テン)」 「iPhone X(テン)」

アップルは、iPhoneの新モデルとして、5.8型スマートフォン「iPhone X(テン)」を発表した。ラインアップは、64GBモデルと256GBモデルを用意。10月27日16時01分(日本時間)より予約受付を開始し、11月3日より発売する。日本国内のキャリアでは、NTTドコモ、au、ソフトバンクが取り扱う。

画面に、丸みを帯びたカーブなどが特徴の狭額縁設計を採用したモデル。ディスプレイは5.8型有機ELで、解像度が2436×1125ドット。同社では「Super Retinaディスプレイ」と名づける。加えて、IP67相当の防水・防塵性能も備えた。

ボディには、「従来のスマートフォンに採用されたものの中で、最も耐久性がある」というガラス素材を使用。フレームは、医療用と同グレードのステンレススチールを採用した。さらに、ワイヤレス充電機能(Qi規格)を搭載し、別売りの「AirPowerマット」を使って、複数の端末をワイヤレス充電することも可能だ。

セキュリティ機能では、ホームボタンを廃止したことで、指紋認証機能「Touch ID」にかわって、本体前面のTrueDepthカメラシステムを使った顔認証機能「Face ID」を新たに搭載。iPhoneを見るだけでロックを解除でき、機械学習によって「メガネや帽子をかぶっても、ひげを生やしても、ユーザーの外見の変化を認識する」とのことだ。なお、認証はクラウド上ではなく、デバイス上で瞬時に行なうとしている。

さらに、カメラ機能も強化。背面に1200万画素広角カメラと、1200万画素望遠カメラを装備。レンズはそれぞれ、広角がF1.8、望遠がF2.4。動画撮影は最大4K/60fpsをサポートする。前面カメラは700万画素だ。

このほか、プロセッサーは、43億個のトランジスタを搭載した6コア仕様の「A11 Bionic」を採用。バッテリー駆動時間は「iPhone 7より最大2時間長い」として、連続通話時間(ワイヤレス)が最大21時間、インターネット利用が最大12時間。OSは「iOS 11」をプリインストールする。

本体サイズは70.9(幅)×143.6(高さ)×7.7(奥行)mm、重量は174g。ボディカラーは、スペースグレイ、シルバー。

アップルオンラインでの価格は、64GBモデルが112,800円、256GBモデルが129,800円(いずれも税別)。

■関連リンク

【価格.comマガジン】「iPhone X」と「iPhone 8/8 Plus」発表、10周年にふさわしい期待以上の進化!

【新製品ニュース】アップル、ガラス採用でワイヤレス充電に対応した「iPhone 8/8 Plus」

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
APPLE iPhone X 64GB SIMフリー 5.8型有機ELを採用したiPhone(64GB) 
APPLE iPhone X 256GB SIMフリー 5.8型有機ELを採用したiPhone(256GB) 

関連コンテンツ

スマートフォン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト