ドコモ、5.2型×2画面の見開きワイド画面を採用した「M Z-01K」

ホーム > 新製品ニュース > スマートフォン・携帯電話 > スマートフォン > ドコモ、5.2型×2画面の見開きワイド画面を採用した「M Z-01K」

ドコモ、5.2型×2画面の見開きワイド画面を採用した「M Z-01K」

2017年10月18日 17:48掲載

M Z-01K M Z-01K M Z-01K
M Z-01K

NTTドコモは、スマートフォンの2017-2018年冬春モデルとして「M Z-01K」(ZTE製)を発表。2018年1月以降に発売する。

5.2型フルHD液晶(1080×1920ドット)×2画面を搭載したのが特徴。折りたたみ画面を見開くことで、6.8型の大画面になり、画像や動画がよりワイドに楽しめる。

機能面では、1つのアプリを同時に使用することが可能で、1つの画面で動画を見ながら、もう片方の画面で友達とチャットを楽しむなど、新しいスタイルを提供する。

また、2つの画面で別々のWebサイトを並べて表示することで、情報を比較しながら見ることが可能。2本指のスワイプで、画面間のアプリ移動も簡単に行える。

さらに、画面下部のナビゲーションバーのモード切替メニューをタップすることで、通常モード、ミラーモード、2画面モード、大画面モードの4つから簡単に切り替えることが可能。目的や用途に応じて手軽に変更することができる。

音質面では、デュアルスピーカーやドルビーアトモスを採用し、立体的な3Dサウンドを楽しむことが可能。ハイレゾ音源の再生にも対応する。

カメラ画素数は、メインが約2030万画素。無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.2をサポート。モバイルネットワークの最大通信速度は、受信が500Mbps、送信が50Mbps。

バッテリー容量は2930mAhで、連続待受時間などが未定。

主な仕様は、ディスプレイが5.2型フルHD液晶(1080×1920ドット)×2、プロセッサーが「MSM8996」(2.2GHz/デュアルコア+1.6GHz/デュアルコア)、メモリー(RAM)が4GB、ストレージ(ROM)が64GB。外部メモリーはmicroSDXCカード(最大256GB)に対応。OSは「Android 7.1」をプリインストールする。

このほか、接続端子はUSB Type-Cを採用。本体サイズは72(幅)×151(高さ)×12.1(奥行)mm。重量は約230g。ボディカラーはブラック。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
ZTE M Z-01K docomo 5.2型フルHD液晶×2画面を搭載したスマートフォン 

関連コンテンツ

スマートフォン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト