ソフトバンク、5.3型スマホ「AQUOS R」に新カラー3色を追加

ホーム > 新製品ニュース > スマートフォン・携帯電話 > スマートフォン > ソフトバンク、5.3型スマホ「AQUOS R」に新カラー3色を追加

ソフトバンク、5.3型スマホ「AQUOS R」に新カラー3色を追加

2017年11月14日 15:21掲載

AQUOS R

ソフトバンクは、「ソフトバンク」ブランドの2017-18年冬春モデルとして、2017年7月に発売された「AQUOS R」(シャープ製)の新カラー3色を発表。オパールブルー、オーロラピンク、カッパーブラックの3色をラインアップし、11月17日より発売する。

「AQUOS R」は、1440×2560ドットの高精細なクアッドHD液晶「ハイスピードIGZO液晶ディスプレー」を搭載したモデル。液晶テレビ「AQUOS」の技術を受け継いだ「リッチカラーテクノロジーモバイル」を搭載することで、デジタルシネマの標準規格(DCI)に対応した広色域パネルと、豊かな色域を再現するカラーマッピング技術により、写真や動画を実物に近い色味の鮮やかで美しい表示を実現。明部から暗部まで細かな部分を忠実に再現する「HDR(ハイダイナミックレンジ)」にも対応する。

モバイルネットワークの通信速度では、複数の周波数帯を束ねる「キャリアアグリゲーション」や送信用(基地局)と受信用(端末)にそれぞれ4本のアンテナを使い複数のデータを同時に通信する技術「4×4 MIMO」、情報密度を高めて一度に運べるデータ量を増加させる「256QAM」など、さまざまな技術により下り最大612Mbpsの高速通信を実現する。

音声アシスタント機能「エモパー」は、最新バージョンの6.0を搭載。予定やふだんの行動パターンから、ユーザーに応じたTo Doリストを自動で作成するほか、同梱の動く充電台「ロボクル」に本体をセットすると、電話やSNSの着信時、アラーム鳴動時などに、インカメラでユーザーを探して、ユーザーの方に振り向いて知らせてくれる。

カメラ機能では、複数の被写体の位置関係を把握することで被写体に正確にピントを合わせて撮影できるマルチオートフォーカスのほか、メインカメラに光学式手ブレ補正を備えることで、ブレのない写真の撮影が可能。さらに、動画撮影では4Kに対応し、電子式手ブレ補正を備えることで、質の高い動画撮影を実現する。

主な仕様は、ディスプレイが5.3型クアッドHD液晶(1440×2560ドット)、プロセッサーが「MSM8998」、メモリー(RAM)が4GB、ストレージ(ROM)が64GB。外部メモリーはmicroSDXCカード(最大256GB)に対応。OSは「Android 7.1.1」をプリインストールする。

カメラ画素数は、メインが有効約2260万画素、サブが有効約1630万画素。無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 5.0をサポート。モバイルネットワークの最大通信速度は、受信が612Mbps、送信が37.5Mbps。

機能面では、IPX5とIPX8の防水性能、IP6Xの防じん性能、ワンセグ、おサイフケータイに対応。音声アシスタント機能「エモパー」は、最新バージョンの6.0を搭載する。バッテリー容量は3160mAhで、連続通話時間が約1490分(FDD-LTE網)、連続待受時間が約505時間(FDD-LTE網)。

このほか、本体サイズは74(幅)×153(高さ)×8.7(奥行)mm。重量は約169g。

ボディカラーは、発売中のマーキュリーブラック、ジルコニアホワイト、ブレイズオレンジと今回の新色をあわせて計6色を用意する。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
シャープ AQUOS R SoftBank [オパールブルー] 5.3型クアッドHD液晶を搭載したスマートフォン(オパールブルー) 
シャープ AQUOS R SoftBank [オーロラピンク] 5.3型クアッドHD液晶を搭載したスマートフォン(オーロラピンク) 
シャープ AQUOS R SoftBank [カッパーブラック] 5.3型クアッドHD液晶を搭載したスマートフォン(カッパーブラック) 

関連コンテンツ

スマートフォン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト