LINE、“誤爆”を時間限定で取り消しできる「送信取消」機能を12月以降に実装

ホーム > 新製品ニュース > スマートフォン・携帯電話 > スマートフォン > LINE、“誤爆”を時間限定で取り消しできる「送信取消」機能を12月以降に実装

LINE、“誤爆”を時間限定で取り消しできる「送信取消」機能を12月以降に実装

2017年11月16日 17:27掲載

LINE LINE

LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」にて、送信したメッセージを時間限定で取り消しできる「送信取消」機能を、2017年12月以降に実装することを発表した。

「送信取消」の対象となるメッセージは、24時間以内に送信したメッセージとする予定とのこと。機能提供開始以降、ユーザーの反応を見ながら調整していくという。同機能の詳細については、実装時に発表予定だ。

なお、「送信取消」機能の実装を前に、11月16日〜24日の期間、LINEを誤送信した体験談(黒歴史)を募集し、LINEの黒歴史のトップである「Best of #LINE誤爆」を、ユーザーのリツイート投票で決定するオンライン上のお祭り「#LINE誤爆 Black FRIDAY」キャンペーンを開催する。

秀逸なエピソードを投稿したユーザーには、なにが入っているかお楽しみの「特製ブラックボックス」やLINEポイント(1万円相当)をプレゼントする。また、リツイート投票に参加した方にもLINEギフトコード(1000円分)のプレゼントのチャンスがあるとのことだ。

■関連リンク

ニュースリリース・キャンペーン情報


関連コンテンツ

スマートフォン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク