Wiko、18:9液晶や1600万画素インカメラ搭載の5.7型SIMフリー「View」

ホーム > 新製品ニュース > スマートフォン・携帯電話 > スマートフォン > Wiko、18:9液晶や1600万画素インカメラ搭載の5.7型SIMフリー「View」

Wiko、18:9液晶や1600万画素インカメラ搭載の5.7型SIMフリー「View」

2017年11月22日 16:48掲載

「View」 「View」 「View」

ウイコウ・ジャパンは、画面比率18:9のSIMフリースマートフォン「View」を12月に発売すると発表した。11月22日より予約受付を開始する。

フランスのモバイル端末ベンチャー企業・Wiko(ウイコウ)は、ウイコウ・ジャパンを設立し、2017年2月に日本市場へ参入。今回、日本市場本格参入として、「Tommy」に続く第2弾モデルとなる「View」を日本市場で展開する構えだ。

ディスプレイには、縦横比18:9の5.7型HD+液晶(1440×720ドット)を採用。カメラ機能は、アウトカメラが1300万画素、インカメラが1600万画素。このほか、プロセッサーが「Snapdragon 425(MSM8917)」、メモリーが3GB、内蔵ストレージが32GB。外部記録媒体がmicroSDメモリーカード(最大128GB)に対応。OSは「Android 7.1」をプリインストールする。

無線通信はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN規格、Bluetooth 4.2をサポート。DSDS対応で、SIMカードスロットはSIMスロット1、SIMスロット2ともに、4G/3G/2G回線に対応し、日本ではSIMカードを2枚挿入して、4G+3Gの同時待ち受けが可能だ。

本体サイズは73.1(幅)×151.5(高さ)×8.7(奥行)mm、重量は160g。ボディカラーは、ゴールド、ディープ・ブリーン、チェリー・レッド、ブラック。

価格はオープン。

■関連リンク

【新製品ニュース】Wiko、14,800円のSIMフリースマホ「Tommy」を2/25発売


関連コンテンツ

スマートフォン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク