ドコモ、1万台限定ジョジョ30周年スマホを12/20より予約開始

ホーム > 新製品ニュース > スマートフォン・携帯電話 > スマートフォン > ドコモ、1万台限定ジョジョ30周年スマホを12/20より予約開始

ドコモ、1万台限定ジョジョ30周年スマホを12/20より予約開始

2017年12月15日 18:03掲載

JOJO L-02K JOJO L-02K

ドコモは、スマートフォンの2017-2018年冬春モデル「JOJO L-02K」(LG Electronics製)の予約受付を、12月20日12時より開始すると発表した。なお、発売は2018年3月の予定で、販売台数が限定1万台。予約受付は、ドコモ販売店の店頭およびドコモホームページで行い、ドコモオンラインショップでの販売価格は125,712円。

人気マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」の30周年を記念したコラボレーションモデル。原作者の荒木 飛呂彦氏描き下ろしによる特別仕様のデザインや、ボディカラーのJOJO Whiteを採用するほか、ジョジョ30年の歴史を網羅した豊富なコンテンツを搭載する予定だ。

搭載予定の主なコンテンツは、画面をめくるごとに異なる壁紙が表示され、ピンチアウト操作でアイコンが消えてイラストだけを鑑賞できるなど、画集のようなホームアプリ「JOJOホーム」や、通知音や操作音の代わりに画面上にジョジョならではの“擬音”を表示し、通知の重要度などに応じて擬音も変化する「擬音モード」を搭載する。

また、原作の名シーンの数々を画像としてプリインストールするほか、作中の名言や固有名詞に対応した専用の予測変換辞書の「名シーン&名言変換辞書」や、原作の名シーンの台詞を編集したり、画像とセリフを組み合わせてオリジナルのコマを制作して、SNSなどに投稿することができる「JOJOエディター」を備える。

さらに、作品に登場する「スタンド」と呼ばれる特殊能力を再現した表現や効果を、端末の画面を通して適用することができるカメラアプリ「スタンドカメラ」、端末の歩数計と連動し、実際に歩いた歩数に応じて、作中の「STEEL BALL RUNレース」のコースを体験できるアプリ「SBRトラッカー」を搭載する。

性能面では、同時に発表された「V30+L-01K」がベースの端末となっている。「V30+L-01K」は、6型大画面でフルビジョン(18:9)有機ELディスプレイ搭載のスマートフォン。縦長の18:9比率であるため、大画面でも幅を抑えて持ちやすく、2画面操作も快適だ。

カメラ機能では、約1650万画素+約1310万画素のデュアルカメラを装備。ワイドな景色も隅々までゆがまずキレイに再現し、ダイナミックな広角写真が撮れる。また、ドコモのスマートフォン史上最小となる、F値1.6のガラス製の「クリスタルクリアレンズ」を搭載。どのような場所でも明るくクリアに撮れる。

主な仕様は、ディスプレイが約6型クアッド HD(2880×1440ドット)、プロセッサーが「MSM8998」、メモリーが4GB、ストレージに128GBを搭載。外部記録媒体はmicroSDメモリーカード(最大256GB)に対応。バッテリー容量は3060mAh、OSは「Android 8.0」をプリインストールする。

このほか、おサイフケータイ、ワンセグ・フルセグ、NFCに対応するほか、IPX5/IPX8相当の防水性能とIP6X相当の防塵性能を備える。本体サイズは75(幅)×152(高さ)×7.4(奥行)mm、重量は158g。

■関連リンク

【新製品ニュース】ドコモ、30周年「ジョジョの奇妙な冒険」とコラボした「JOJO L-02K」

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
LGエレクトロニクス JOJO L-02K docomo 「ジョジョの奇妙な冒険」の30周年を記念したコラボレーションモデル 

関連コンテンツ

スマートフォン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト