ソフトバンク、Androidスマホを子ども向けに設定できる「ジュニアスマホ」

ホーム > 新製品ニュース > スマートフォン・携帯電話 > スマートフォン > ソフトバンク、Androidスマホを子ども向けに設定できる「ジュニアスマホ」

ソフトバンク、Androidスマホを子ども向けに設定できる「ジュニアスマホ」

2018年2月13日 6:00掲載

「ジュニアスマホ」ホーム画面 イメージ

ソフトバンクは、「ソフトバンク」ブランドの新サービスとして、最新のAndroidスマートフォンで、子ども向けの設定を行なえる「ジュニアスマホ」の提供を開始した。月額使用料は無料だ。

「ジュニアスマホ」は、子どもが安心して最新のAndroidスマートフォンを利用するためのサービス。同サービスに申し込むと、子どもが利用するスマートフォンで「ソフトバンクまとめて支払い」が利用不可となるため、有料コンテンツを簡単に購入できなくなるという。

なお、クレジットカードやGoogle Playギフトカードなどのプリペイドカードからの購入は可能とのこと。ジュニアスマホ加入時に月額登録中のコンテンツがあった場合は、月額課金が継続されるという。

さらに、フィルタリングサービス「あんしんフィルター」によって(「ジュニアスマホ」の申し込み時に「あんしんフィルター」への申し込みが必要)、保護者があらかじめ子どもの年齢に合わせて設定した強度で、フィルタリングをかけられる。そのほか、ホーム画面を子ども向けに設定するという。

「ジュニアスマホ」の対象機種は、Xperia XZ1、AQUOS R compact、Xperia XZs、AQUOS R、AQUOS ea、DIGNO G、HTC U11で今後、拡大する予定だ。

■関連リンク

プレスリリース


関連コンテンツ

スマートフォン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク