ソフトバンク、下り368Mbps対応のUSBスティック型データ通信端末「604HW」

ホーム > 新製品ニュース > スマートフォン・携帯電話 > SoftBank(ソフトバンク) モバイルデータ通信 > ソフトバンク、下り368Mbps対応のUSBスティック型データ通信端末「604HW」

ソフトバンク、下り368Mbps対応のUSBスティック型データ通信端末「604HW」

2017年7月13日 16:20掲載

「604HW」

ソフトバンクは、「ソフトバンク」ブランドより、法人向けUSBスティック型データ通信端末「SoftBank 604HW」(Huawei製)を7月31日に発売すると発表した。

持ち運びに便利なUSBスティック型のデータ通信端末。下り最大368Mbps/上り最大37.5Mbpsの高速データ通信に対応する。900MHzや2.1GHzの3G通信もサポートし、より幅広いエリアで利用できる点も特徴だ。

本体サイズは96.1(幅)×34(高さ)×15.2(奥行)mm、重量は約41g。ボディカラーは ブラック。利用可能な料金プランは、「法人データ通信プランフラット(4G/LTE)」またはスマ放題「法人データプラン」。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
キャリア名 メーカー 製品名  
SoftBank(ソフトバンク) モバイルデータ通信 Huawei SoftBank 604HW  下り368Mbps対応のUSBスティック型データ通信端末 

関連コンテンツ

SoftBank(ソフトバンク) モバイルデータ通信関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト