【CES 2017】アルパイン、市販モデル初の“ワイヤレス”CarPlay対応機を北米市場に投入

ホーム > 新製品ニュース > 自動車・バイク > カーナビ > 【CES 2017】アルパイン、市販モデル初の“ワイヤレス”CarPlay対応機を北米市場に投入

【CES 2017】アルパイン、市販モデル初の“ワイヤレス”CarPlay対応機を北米市場に投入

2017年1月11日 15:15掲載

ワイヤレスでCarPlyを接続したiLX-107 CES2017のアルパインブースで出展されていた展示パネル siriを使って音声コマンド起動中に画面

アルパインは、CES 2017の同社ブースにおいて、同社初となるワイヤレスCarPlay対応ヘッドユニット「iLX-107」を展示した。2月にも北米市場へ向けて発売される。日本市場への導入については今のところ未定だという。北米市場での価格は900ドル(約10万4000円)を予定する。

CarPlayはiPhoneと自動車を接続し、iPhone内の地図アプリやメッセージ、音楽などをクルマ側の対応ディスプレイやスピーカーを介して利用できるというもの。つまり、iPhoneが核となってナビゲーションや音楽サーバーとしての機能を楽しめ、コマンド入力もsiriを利用できるようになり、運転中の操作も楽に行えるというわけだ。

ただ、従来はこの機能を利用するにはライトニングケーブルでの接続が必須。「電源を同時に取りながら」という意味ではそれはそれで便利だったが、いちいち接続する手間があるのは乗り降りが多い時には不便さを感じていたはず。ライトニングケーブルという専用ケーブルが必須であったことも煩わしさを感じさせていた。

アルパインが対応したCarPlayのワイヤレス化は、機能そのものは2015年のWWDC上で発表されたもので、iOS9から実現したもの。それから2年近くが経ち、ようやく各社が準備に追いついたということだ。今年2月にはBMWが世界に先駆けて対応するという話もあり、アルパインが実現した今回の対応によりCarPlay普及に弾みがつく可能性もある。

iLX-107の基本仕様は、タッチパネル機能付き7型モニターを備えたFM/AMチューナー内蔵ディスプレイオーディオとなっている。iPhoneをケーブルで接続しなくても、同レシーバー経由で電話での通話やテキストの送受信ができ、AUX端子経由での音楽再生も可能となっている。

なお、iLX-107は、CES2017の“In-Vehicle Audio/Video”部門で、「INNOVATION AWARD」を受賞している。

[記事提供:レスポンス]
[記事提供:レスポンス]
掲載に関する免責事項について 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名
アルパイン iLX-107 

関連コンテンツ

カーナビ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

価格.com関連ページ

メーカーサイト