Android向けカーナビタイム、抜け道ルート機能を提供開始…プローブ情報を活用

ホーム > 新製品ニュース > 自動車・バイク > カーナビ > Android向けカーナビタイム、抜け道ルート機能を提供開始…プローブ情報を活用

Android向けカーナビタイム、抜け道ルート機能を提供開始…プローブ情報を活用

2017年8月10日 9:30掲載

カーナビタイム 抜け道ルート機能

ナビタイムジャパンは、Android向け「カーナビタイム」にて、「抜け道ルート」機能の提供を8月9日より開始した。

新機能では、ルート案内中にルートを一部迂回またはショートカットする抜け道を地図画面上で提案する。地図画面には元のルートと合わせて、抜け道ルートと抜け道を利用した時の所要時間の差を吹き出しで表示。ユーザーは元のルートと比較しながら任意で抜け道ルートを選択できる。抜け道ルートへの切り替えは、ルート通りに進むだけで画面操作は不要だが、吹き出しをタップすることで切り替えることもできる。

抜け道ルートは、ナビタイムジャパンの提供するカーナビアプリのプローブ情報を元に、一定の交通量のある道を抽出し、独自の経路探索エンジンによって算出。安全で信頼性が高く、より効果的なルートを提案する。なおプローブ情報を活用して抜け道を案内する機能の提供は、カーナビアプリとして日本初となる。

なお抜け道ルート機能は、iOS向けカーナビタイムにも順次対応する予定だ。

[記事提供:レスポンス]
[記事提供:レスポンス]
掲載に関する免責事項について 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。



関連コンテンツ

カーナビ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

価格.com関連ページ