【デトロイトモーターショー2017】レクサス LS 新型、歴代初のターボ搭載

ホーム > 新製品ニュース > 自動車・バイク > 自動車(本体) > 【デトロイトモーターショー2017】レクサス LS 新型、歴代初のターボ搭載

【デトロイトモーターショー2017】レクサス LS 新型、歴代初のターボ搭載

2017年1月11日 17:45掲載

レクサスLS新型(デトロイトモーターショー2017) 《撮影 佐藤耕一》 レクサスLS新型 レクサスLS新型

レクサスが1月9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2017でワールドプレミアした新型『LS』。先に登場するガソリン車には、歴代LS初のターボエンジンが搭載される。

新型LSのガソリンエンジン搭載車は、「LS500」グレード。現行LSの「LS460」の後継グレードとなる。

LS500には、新開発の直噴3.5リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。このエンジンは、排気量を3445ccにダウンサイズしながら、2個のターボで過給。北米仕様の場合、最大出力421ps/5200-6000rpm、最大トルク61kgm/4800rpmを引き出す。

現行LS460 の4.6リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンは、最大出力392ps/6400rpm、最大トルク51kgm/4100rpm。2気筒、そして排気量を1.0リットル以上ダウンサイズしながら、新型はおよそ30ps、10kgmパワフルとなる。

レクサスは、「圧倒的な静粛性、フラットなトルク特性を活かした爽快な加速フィーリングを実現。さらに10速ATとの組み合わせで、優れた環境性能や快適性と切れ味の良い変速を、より高次元で両立した」とコメントしている。

[記事提供:レスポンス]
[記事提供:レスポンス]
掲載に関する免責事項について 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名
レクサス LS

関連コンテンツ

自動車(本体)関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

中古車検索・中古車情報

価格.com関連ページ

メーカーサイト