【トヨタ ヴィッツ 改良新型】武器はデザイン、走り、ハイブリッド…欧州コンパクトに真っ向勝負

ホーム > 新製品ニュース > 自動車・バイク > 自動車(本体) > 【トヨタ ヴィッツ 改良新型】武器はデザイン、走り、ハイブリッド…欧州コンパクトに真っ向勝負

【トヨタ ヴィッツ 改良新型】武器はデザイン、走り、ハイブリッド…欧州コンパクトに真っ向勝負

2017年2月10日 17:35掲載

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド(HYBRID U Sporty パッケージ) トヨタ ヴィッツ ハイブリッド(HYBRID U Sporty パッケージ) トヨタ ヴィッツ ハイブリッド(HYBRID U Sporty パッケージ)

トヨタ『ヴィッツ』がマイナーチェンジ。より個性を高めたエクステリアデザインはヨーロッパ主導によるものだという。また、要望が高かったハイブリッドモデルが満を持して登場。ボディ剛性を強化するなど走りの面も見直され、大幅に商品力を強化しているのが特徴だ。

新デザインのコンセプトは「躍動感と洗練さ」。ハの字型により大きく開かれたフロントロアグリルはダイナミックさと低重心を演出。またリアも同様に、テールランプが水平基調でワイド感を表現しながら、テールゲート以下をハの字型とすることでスタンスの良さを演出しており、実寸以上の迫力を持たせている。

また新採用のLEDヘッドランプは前後ともにライン発光を取り入れ、夜間でもより個性を発揮。さらにホイールにも新デザインを採用し、新鮮味を与えている。

ハイブリッドシステムは、『アクア』と同じ1.5リットルエンジンのものがベースだが、エンジンはさらに燃焼効率を向上、低フリクション化が施されたほか、パワーコントロールユニット(PCU)は充電源制御による損失低減が図られ、JC08モード燃費34.4km/リットルを実現している。この燃費は車重1090〜1190kgの同区分車の中でもトップの低燃費(オプション装着したアクアよりも上)だという。

走行性能の向上も今回のマイナーチェンジの見どころだ。ショックアブソーバーに新構造のバルブを採用することで、操縦安定性をアップ。さらにボディのスポット打点増し打ちや補強により高い剛性を実現。フロントフェンダー、リアバンパーの整流を高めるなど細部にまで手が入れられ、応答性の良いしっかりとした走りを見せる。

今回写真で紹介するのは、上級グレード「HYBRID U」に新設定となった「Sportyパッケージ」だ。16インチアルミホイールとエアロパーツを装着し、個性を高めた新型のエクステリアをよりスポーティに演出する。価格は223万7760円。

[記事提供:レスポンス]
[記事提供:レスポンス]
掲載に関する免責事項について 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名
トヨタ ヴィッツ

関連コンテンツ

自動車(本体)関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

中古車検索・中古車情報

価格.com関連ページ

メーカーサイト