【スズキ スイフト 新型】ドライバーファーストのインテリアデザイン

ホーム > 新製品ニュース > 自動車・バイク > 自動車(本体) > 【スズキ スイフト 新型】ドライバーファーストのインテリアデザイン

【スズキ スイフト 新型】ドライバーファーストのインテリアデザイン

2017年2月13日 18:19掲載

スズキ・スイフト新型 スズキ・スイフト新型 スズキ・スイフト新型

フルモデルチェンジしたスズキ『スイフト』のインテリアは、スイフトのスポーティな走りをピュアに表現する、“ドライバーファースト”でデザインされた。

「ドライバーファーストのスポーティな空間作りをどう表現するか。そして、近年高い質感が内装に求められていることから、この二本柱でデザインを進めた」とは、スズキ四輪技術本部四輪デザイン部インテリア課長の村上俊一さんの弁。

「メーターもドライバーに直接向かっており、センタークラスターもドライバー側に向いている」と具体例を挙げ、「その周辺全てドライバーに対して優先的にデザインされている。このコクピット周りを一番表現したかった」と述べる。

一方で「大きいクルマではないので、あまりタイトに作り込んでしまうと閉塞感が出てしまう」とし、ドライバーファーストにしつつも、「なるべく抜けのいいデザイン、ボリュームを徹底的に削ぎ落とすことで、シェイプされたスポーティな空間にした」と話す。その結果、グローブボックスの周りの面を奥に入れたり、アッパー部分も下げたりと、「無駄なボリュームを極力削ぎ落とした」。

また、抜けをよくするために、センターエアコンの下の面は横方向に抜けるようにデザインされ、広々感を持たせ、インパネとシフト部分は連続した造形にしないことで、横基調のイメージを強く演出している。

質感に関しては、「ステアリング、メーター、空調、シフトノブなどの部品をしっかり作り込むことで、精緻で緻密でしっかりと質感を表現した」と村上さん。メーターは、スピンドル加工と、サテンメッキされ、同時に表面にもサテンメッキを施し二重にアピール。「機能部品にはサテンメッキで締め、しっかりとコントラストを図るために加飾パネルにはワントーン落としたガンメタにするなど、新型スイフトは、CMF(カラーマテリアルフィニッシュ)デザインにこだわりデザインしている」と説明した。

[記事提供:レスポンス]
[記事提供:レスポンス]
掲載に関する免責事項について 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名
スズキ スイフト

関連コンテンツ

自動車(本体)関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

中古車検索・中古車情報

価格.com関連ページ

メーカーサイト