【上海モーターショー2017】シュコダ、自動運転「レベル3」実現…EVコンセプト初公開予定

ホーム > 新製品ニュース > 自動車・バイク > 自動車(本体) > 【上海モーターショー2017】シュコダ、自動運転「レベル3」実現…EVコンセプト初公開予定

【上海モーターショー2017】シュコダ、自動運転「レベル3」実現…EVコンセプト初公開予定

2017年4月3日 12:39掲載

シュコダ ヴィジョンE の予告スケッチ シュコダ ヴィジョンE の予告スケッチ シュコダ ヴィジョンE の予告スケッチ

フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは3月29日、中国で4月19日に開幕する上海モーターショー2017において、コンセプトカーの『ヴィジョンE』を初公開すると発表した。

ヴィジョンEは、シュコダの一連のコンセプトカーシリーズ、「ヴィジョン」としては、初のEV。パワフルなモーターは、最高速180km/hの性能を発揮。また、大容量のリチウムイオンバッテリーが、1回の充電で最大500kmを走行できる性能を実現する。

また、ヴィジョンEは、自動運転技術を搭載したコンセプトカーでもある。シュコダによると、「レベル3」に対応した自動運転テクノロジーを採用しているという。レベル3とは、基本的な運転操作は車両が行い、緊急時のみ、ドライバーが対応する。

外観のデザインは、エモーショナルな5ドアのSUVを提示。ボディサイズは、全長4645mm、全幅1917mm、全高1550mmと公表されている。

[記事提供:レスポンス]
[記事提供:レスポンス]
掲載に関する免責事項について 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。



関連コンテンツ

自動車(本体)関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

中古車検索・中古車情報

価格.com関連ページ