【4/7〜4/13 週間ランキング】ホンダ新型シビックSiやニコンD7500が話題

ホーム > 新製品ニュース > 自動車・バイク > 自動車(本体) > 【4/7〜4/13 週間ランキング】ホンダ新型シビックSiやニコンD7500が話題

【4/7〜4/13 週間ランキング】ホンダ新型シビックSiやニコンD7500が話題

2017年4月14日 18:01掲載

「Si」 「D7500」 スバルXV

毎週末、「価格.com新製品ニュース」でアクセス数の多かったニュース記事をランキング形式でお届け。2017年4月7日〜4月13日に公開したニュースのランキングトップ10は以下のとおり。

■1位 ホンダ シビック 新型に205馬力ターボの「Si」…足回りはタイプRと一部共用…4月7日

シビック Siは、米国向けの新型「シビック」に追加設定された高性能グレード。ボディタイプは、4ドアセダンと2ドアクーペの2種類だ。パワートレインは、直噴1.5リットル直列4気筒ガソリンターボをチューニングして搭載。トランスミッションは、ショートストロークの6速MT。足回りは、ダンパーやスプリングを強化。フロントのアッパーコントロールアームや前後のブッシュは、新型「シビック タイプR」と共用している。

■2位 ニコン、D500と同等の高画質を備えたデジタル一眼カメラ「D7500」…4月12日

ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデルとして2016年4月に発売された「D500」と同様の画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載し、常用感度はISO100〜51200を実現。さらに、Lo 1(ISO50相当)までの減感、Hi 5(ISO1640000相当)までの増感に対応。

■3位 【スバルXV新型】XVの内装は1.6仕様がベース…4月9日

「次世代SUBARU(スバル)の主力SUV」として位置づけられ装い新たに登場した新型XV。従来型と大きく違うのはラインナップに1.6リットル仕様を追加したことだ。外観上の違いは、1.6リットル仕様は、フロントグリル内にあるバーが2.0リットル仕様のメッキではなくシルバーグレーとなっていることと、サイドのウインカーマーカーがドアミラー内ではなく、フロントフェンダーパネル上にあること。

■4位 新車同然の「ジャガーEタイプ」を10台限定で販売…4月10日

世界最大のクラシックカーショー「テクノ・クラシカ・エッセン2017」において、10台限定で販売するクラシックカーのレストアモデル。「ジャガーEタイプ リボーン」ジャガー・ランドローバー・クラシックが手がける「リボーン」シリーズは、同社の専門技術者がパーツを調達し、全面的な修復を施したレストアモデルであり、英国にあるジャガー・ランドローバー・クラシック本部によって直接販売が行われる。

■5位 プジョーの7人乗りSUV「5008」 今秋日本導入へ…4月11日

新型「プジョー5008」は、新世代プラットフォーム「EMP2」をベースとした3列7人乗りのミドルサイズSUVである。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4640×1840×1650mm。同じEMP2をベースとした2列5人乗りの「3008」と比較した場合、全幅は同じだが全長は190mm、全高は20mm大きく、ホイールベースも2840mmと、165mm長い。

■6位 【ニューヨークモーターショー2017】スバル レガシィアウトバック 2018年型、車載コネクトが進化…出品予定…4月7日

ニューヨークモーターショー2017において初公開された、「アウトバック」(日本名:「レガシィアウトバック」)の2018年モデル。前後マスクを変更し、フロントには、Cシェイプのヘッドライトや新デザインのグリル&バンパーを採用。表情を一新する。コの字型のデイタイムLEDランニングライトも新アイテム。

■7位 パナソニック、6ch×16日分の“全録”対応「プライベート・ビエラ TDX7」…4月7日

チューナー部に2TB HDDを内蔵し、最大6チャンネル×16日分の番組を自動録画できるモデル。録画した番組は、ホーム画面の「チャンネル録画」から、日時と放送局別に表示された画面で確認できるため、目的の番組を簡単に探し出せる。

■8位 スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開…4月10日

2018年型モデルのアウトバックでは、ラギッドかつ上質な印象を外装デザインにおいて一段と強調しつつ、内装の質感を向上。さらに、サスペンション設定の最適化等により操縦安定性と乗り心地を向上させ、エンジンやCVTの特性を変更することでメリハリのある気持ち良い加速感を実現したという。

■9位 【ニューヨークショー2017】スバル、7人乗り新型SUVのコンセプトカーを公開…4月13日

スバルはニューヨーク国際オートショーにおいて、現在開発中の3列7人乗り新型SUVの名称が「アセント」であると発表。同車をイメージしたデザインコンセプトカー「スバル・アセントSUVコンセプト」を公開した。アセントSUVコンセプトは、スバル車に共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC x SOLID”のもとで、3列SUVに求められるゆとりあるサイズ感に加え、スバルらしい機能性を内外装において提示したというもの。

■10位 「ガンダム Gのレコンギスタ」G-フェネクスの限定フィギュアが抽選販売…4月7日

抽選販売期間は4月6日16時から5月10日23時で、当選発表は5月17日となる予定。申し込みは1人1個まで。主なセット内容は、本体、交換用手首左右各3種、ビーム・マグナム、ビーム・サーベル、ビーム・サーベルグリップ×2、アームド・アーマーDE(展開Ver.)×2、アームド・アーマーDE用ジョイントパーツ、シールド用ジョイントパーツ、魂ステージ用ジョイントパーツ、交換用アンテナパーツを用意。

 

関連コンテンツ

自動車(本体)関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

中古車検索・中古車情報

価格.com関連ページ