パノス、612馬力のEVレーサー「GT-EV」発表…ルマン参戦を視野に

ホーム > 新製品ニュース > 自動車・バイク > 自動車(本体) > パノス、612馬力のEVレーサー「GT-EV」発表…ルマン参戦を視野に

パノス、612馬力のEVレーサー「GT-EV」発表…ルマン参戦を視野に

2017年6月16日 10:30掲載

パノスGT-EV パノスGT-EV パノスGT-EV

パノス(PANOZ)とGreen4Uテクノロジーズ社は6月16日、ルマン24時間耐久レース開催中のフランス・サルトサーキットにおいて、新型EVレーシングカーの『GT-EV』を発表した。

GT-EVは、エンジンやハイブリッドパワートレインのレーシングカー同様の性能を備え、長距離耐久レースに参戦することを目標に開発された。

GT-EVでは、前後のモーターを合わせた最大出力が612hpレベル。最高速は290km/hに到達する。ピットストップ時にバッテリー交換を可能にする取り外し可能なバッテリパックを新開発した。ひとつのバッテリーで、最大177km走行可能。

ボディサイズは、全長4877mm、全幅1829mm、全高1219mm。クローズドコクピットのデザインで、カーボンファイバー製のシャシーを採用する。アクティブエアロダイナミクスや、回生ブレーキ技術も導入する。

パノスのドン・パノス代表は、「目標はガレージ56枠を含めて、ルマン24時間レースに参戦すること。学んだことを、市販EVの設計に適用していく」と述べている。

[記事提供:レスポンス]
[記事提供:レスポンス]
掲載に関する免責事項について 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。



関連コンテンツ

自動車(本体)関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

中古車検索・中古車情報

価格.com関連ページ