マツダがAUTOMOBILE COUNCIL 2017の出展概要を発表

ホーム > 新製品ニュース > 自動車・バイク > 自動車(本体) > マツダがAUTOMOBILE COUNCIL 2017の出展概要を発表

マツダがAUTOMOBILE COUNCIL 2017の出展概要を発表

2017年7月6日 13:50掲載

「マツダ・コスモスポーツ」 「787B」 「10A」型ロータリーエンジン。

マツダは2017年7月6日、千葉・幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2017」(開催期間:8月4日〜6日)の、出展概要を発表した。

今回のマツダの出展テーマは、「飽くなき挑戦の歴史 −ロータリーエンジン誕生50周年−」。

1967年にマツダが量産化に成功し、「コスモスポーツ」に搭載したロータリーエンジンの誕生から50年を記念した内容となっており、数々の苦難を乗り越えてロータリーエンジンの実用化、量産化を実現した先人の歩みに感謝の想いを込め、現在のSKYACTIV技術の開発にも通じるマツダの「飽くなき挑戦」の精神の一端を紹介するという。

マツダブースでは、コスモスポーツの開発途中の試作車をはじめ、1991年のルマン24時間レース総合優勝車である「マツダ 787B」、世界初の2ローターロータリーエンジン「10A」型などが展示される予定だ。

マツダブースの出展車両ほかは以下の通り。

(ロータリーエンジン関連)

コスモスポーツ(開発のために作られた試作車)

コスモスポーツ(1967年に発売されたマツダ初のロータリーエンジンを搭載した量産車)

ファミリアプレスト ロータリークーペ(1968年に2代目ファミリア・シリーズにロータリーエンジン搭載車を追加。1970年にファミリアプレストロータリーシリーズを発売)

ファミリアプレスト ロータリークーペ レース仕様車(1970年スパ・フランコルシャン24時間レース参加車仕様としてレストアされた車両)

サバンナRX-7(1978年に発売された初代RX-7)

787B 55号車(1991年ルマン24時間レース総合優勝車)

10Aロータリーエンジン(1967年から量産された最初の市販2ローターロータリーエンジン)

(その他)

ユーノスロードスター Vスペシャル(初代ロードスター。Vスペシャルは1990年に追加されたモデル)

(webCG)

[記事提供:webCG]
[記事提供:webCG]
掲載に関する免責事項について 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名
マツダ   

関連コンテンツ

自動車(本体)関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

中古車検索・中古車情報

価格.com関連ページ

メーカーサイト