【7/7〜7/13 週間アクセスランキング】フルモデルチェンジした「トヨタ・カムリ」

ホーム > 新製品ニュース > 自動車・バイク > 自動車(本体) > 【7/7〜7/13 週間アクセスランキング】フルモデルチェンジした「トヨタ・カムリ」

【7/7〜7/13 週間アクセスランキング】フルモデルチェンジした「トヨタ・カムリ」

2017年7月14日 18:19掲載

カムリ MB16AC 「IQOS」用ホルダースタンド型充電器

毎週末、「価格.com新製品ニュース」でアクセス数の多かったニュース記事をランキング形式でお届け。2017年7月7日〜7月13日に公開したニュースのランキングトップ10は以下のとおり。

■1位 「トヨタ・カムリ」がフルモデルチェンジ…7月10日

トヨタ自動車、ミドルサイズセダン「カムリ」の新型を発表。7月10日より販売を開始した。カムリは世界100カ国以上で販売されているグローバルモデル。特に北米では圧倒的な人気を誇り、ベストセラーカーの座を守り続けている。セダン人気が低迷している日本では苦戦を強いられているが、2011年以来のフルモデルチェンジで存在感の向上を狙う。

■2位 ASUS、重さ780gで厚さ8mmの15.6型フルHDモバイル液晶「MB16AC」…7月7日

解像度1920×1080ドットの15.6型モバイル液晶ディスプレイ。Windows対応の専用ディスプレイウィジェットソフトウェアを使って、画面表示の自動回転が可能。付属の専用ケースは、縦置き横置き両対応のスタンドとして利用できる。また、本体右下の穴に、付属のZenScreenペンを挿し込めば、本体を立てられるという。

■3位 加熱式タバコ「IQOS」向け、ホルダースタンド型充電器とカラフルなカバー…7月13日

加熱式タバコ「IQOS(アイコス)」向けの周辺機器。「IQO-CHARGER」は、IQOSホルダーを挿し込んで充電できる、ホルダースタンド型の充電器で独自の高効率充電管理設計を採用した。「IQO-HARDCOVER」は、高級感のあるメタリッククリア塗装と、集光樹脂素材を使用したカバー。8色展開となっている。

■4位 日産が「フェアレディZ」を一部改良…7月7日

日産自動車は、「フェアレディZ」に一部改良を実施し、販売を開始した。今回の一部改良では、ヘッドランプとリアコンビランプの輪郭をブラックハウジングで強調し、アウトサイドドアハンドルやリアバンパーの下部をブラックとするなど、エクステリアデザインの一部を変更した。

■5位 ホンダ ヴェゼル、HVモデルに特別仕様…17インチアルミやルーフレール装備…7月8日

特別仕様車は、ヴェゼル ハイブリッドの安全運転支援システム搭載タイプ「ハイブリッドX・ホンダセンシング」をベースに、LEDフォグライトや17インチアルミホイール(スポーツタイプ)を装備。さらにルーフレール、プラチナクロームメッキ加飾の専用サイドシルガーニッシュ、ラゲッジルームハードボードを採用し、装備を充実させている。

■6位 【ホンダ N-BOX 新型】8月31日に発表、全タイプにホンダセンシング標準装備…7月7日

N-BOXは2011年末に同社が新開発した軽自動車「N」シリーズの第1弾として投入され、今回が初の全面改良となる。派生車種を含むN-BOXシリーズは、モデル末期ながら2015年度から2年連続で軽自動車市場でベストセラーとなっており、新型車も注目を集める見込みだ。

■7位 トリントン基地に配備されていたMG 1/100 RMS-179 ジムII(ユニコーンVer.)…7月8日

UC登場時の機体形状を新規造形で徹底再現したジムIIの1/100組み立て式プラモデル。胸部アーマー、胴部アーマー、フロント・リア・サイドアーマー、脚部アーマー、足先部装甲、ビーム・サーベルなど「機動戦士ガンダムUC」登場時の特徴的な機体形状を細部にいたるまで再現した。

■8位 ダイハツが「アルティス」をフルモデルチェンジ…7月10日

アルティスは「トヨタ・カムリ」の姉妹車にあたり、ダイハツがトヨタからOEM供給を受けて販売する。今回のフルモデルチェンジもカムリのフルモデルチェンジを受ける形で実施した。カムリと同様に新開発のプラットフォームとパワートレインを採用し、内外装を刷新。また、先進安全装備の「Toyota Safety Sense P」を標準装備する。

■9位 au、キャンペーン適用で1GB/1,980円から「auピタットプラン」を7/14開始…7月10日

「auピタットプラン」は、ユーザーが使用したデータ利用量に合わせて、月額2,980円からの5段階の定額料金を自動的に適用する料金プラン。「毎月の利用状況に応じて、むだなくスマートフォンを利用できる」というのがコンセプトで、「端末購入時の割引として提供している毎月割ではなく、通信料金そのものを安く設定することで、お得に利用できる料金プラン」としている。

■10位 スズキ スイフト にハイブリッドモデルを追加…32.0km/リットルの低燃費、EV走行も可能…7月12日

スイフトはこれまで、減速時のエネルギーを利用して発電し、加速時にはその電力を活かしてエンジンをモーターでアシストするマイルドハイブリッド搭載車を設定。27.4km/リットル(JC08モード)の低燃費を実現するコンパクトカーとして支持を集めていた。

 

関連コンテンツ

自動車(本体)関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

中古車検索・中古車情報

価格.com関連ページ