【フランクフルトショー2017】EVからスーパーカーまで、VWグループのここに注目

ホーム > 新製品ニュース > 自動車・バイク > 自動車(本体) > 【フランクフルトショー2017】EVからスーパーカーまで、VWグループのここに注目

【フランクフルトショー2017】EVからスーパーカーまで、VWグループのここに注目

2017年9月13日 15:50掲載

VWのメインステージには3台のEVが並んだ。(写真=VW) 今回はVWグループの8ブランドがホール3に集結した。 「フォルクスワーゲンI.D. CROZZ II」

フランクフルトショー2017(開催期間:2017年9月12日〜24日)の主役であるドイツ勢。その中でも多数のブランドを抱えるフォルクスワーゲン(VW)グループの見どころは電気自動車(EV)だったが、実はそれだけではなかった。魅力的な量産モデルも数多く用意し、観衆を大いに沸かせていたのだ。

■全ブランドがひとつのホールに集結

2017年9月12日に、フランクフルトモーターショーが開幕した。VWグループに関していえば、まず今年は例年と違っている部分があった。それは展示場所だ。

これまで、アウディは独自の小ぶりなホールを利用していたのだが、今年はそのホールがなくなっていて、アウディもVWと同じホールを使うことになった。これでVWグループの各ブランドは、すべてがひとつのホール3に収まることになった。

ざっとブランド名を挙げると、VW、アウディ、ポルシェ、ランボルギーニ、ベントレー、ブガッティ、セアト、シュコダ。超プレミアムからエントリーまで、ラインナップは多彩だ。フランクフルトのメッセ会場内でも、最大規模のサイズを誇るホール3を埋め尽くすだけのブランドと車種があるというところに、VWの底力を感じるばかりであった。

■EVだけが主役ではない

ところで、最近の欧州車、特にドイツ車関連の話題といえば、急激なまでのEVシフトだろう。実際に、今回のショーでもVWのメインステージには「I.D. CROZZ II」「I.D.」「I.D. BUZZ」という3台のEVコンセプトが並んだ。I.D. CROZZ IIは、春の上海ショーでデビューしたモデルの進化版だ。

また、アウディはEVコンセプトの「アイコン」をワールドプレミア。上海で発表した「e-tronスポーツバック コンセプト」には、新たに「イレイン」という名前を与え、ドイツの本国デビューを飾っている。

とはいえ、VWグループのEVコンセプトは、ここまで。実は、ショーのプレスカンファレンスを見ていくうちに気が付いたのだが、今年のVWグループには魅力的な市販モデルが多かったのだ。その筆頭となるのが、去る8月24日に発表されたコンパクトSUVの「T-Roc」。今回のフランクフルトがショーデビューとなる。「ティグアン」よりも小さな、クロスオーバー色の強いSUVは、世界中でヒットの可能性の高いモデル。日本向けへのアナウンスはないが、非常に気になる存在だ。

そしてアウディスポーツからは、「RS 4アバント」と「R8 V10 RWS」の2台がワールドプレミアされている。本家のアウディはレベル5の自動運転車コンセプトであったが、アウディスポーツからは逆に、とことんドライビングプレジャーを追求したドライバーズカーが出品されたというわけだ。

また、ポルシェからは、最新世代の「カイエン」のトップモデルとなる「カイエン ターボ」が登場。最高出力550psの4リッターV8ツインターボエンジンが生み出す走りはどんなものかは、ファンならずとも気になるところだろう。

そしてベントレーからも、話題のモデルが登場した。フルモデルチェンジした新型「コンチネンタルGT」だ。ベントレーの主力の刷新ということで注目度は、当然のことながら非常に高い。正直、撮影するのもひと苦労であった。

世間一般のEVシフトや自動運転技術の話題に応えるコンセプトカーを提供しながら、一方で魅力的な量産モデルも数多く出品。それが今回のVWグループの内容であったのだ。

(文=鈴木ケンイチ/写真=鈴木ケンイチ、フォルクスワーゲン、アウディ)

[記事提供:webCG]
[記事提供:webCG]
掲載に関する免責事項について 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名
フォルクスワーゲン   

関連コンテンツ

自動車(本体)関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

中古車検索・中古車情報

価格.com関連ページ

メーカーサイト