【東京モーターショー2017】スズキが電動SUVのコンセプトモデルを発表

ホーム > 新製品ニュース > 自動車・バイク > 自動車(本体) > 【東京モーターショー2017】スズキが電動SUVのコンセプトモデルを発表

【東京モーターショー2017】スズキが電動SUVのコンセプトモデルを発表

2017年9月22日 17:05掲載

「スズキe-SURVIVOR(イー・サバイバー)」 【東京モーターショー2017】スズキが電動SUVのコンセプトモデルを発表 【東京モーターショー2017】スズキが電動SUVのコンセプトモデルを発表
【東京モーターショー2017】スズキが電動SUVのコンセプトモデルを発表 【東京モーターショー2017】スズキが電動SUVのコンセプトモデルを発表 【東京モーターショー2017】スズキが電動SUVのコンセプトモデルを発表

スズキは2017年9月22日、第45回東京モーターショー(開催期間:2017年10月25日から11月5日)に、新しいコンセプトカー「e-サバイバー」を出展すると発表した。

■スズキが提案する未来のコンパクトSUV

スズキは今回の東京モーターショーに「“ワクワク”を、誰でも、どこへでも」というテーマのもとにブースを出展。「アウトドア」「スポーツ」「ライフ」というテーマごとに四輪車や二輪車、セニアカー、船外機などのプロダクトを展示し、「走る喜び」や「使う楽しみ」「持つ幸せ」を表現するとしている。

展示車両は四輪車が20台、二輪車が9台、セニアカーが1台で、このうち四輪車の10台7車種、二輪車の2台2車種が世界初公開となる。

e-サバイバーも今回のショーで世界初公開されるモデルの1台で、「ジムニー」や「エスクード」などの魅力を継承した、スズキが提案する未来のコンパクトSUVと紹介されている。

車両構造はボディー・オン・フレーム式で、ラダーフレームに架装するボディーについては2シーターのオープンタイプとすることで軽快感と機動性の高さを表現。パワープラントについては前軸・後軸に2基ずつ搭載されたモーターが4輪を個別に駆動することにより、路面状態や走行状況に応じたきめ細やかな駆動力制御を実現しているという。また、左右の車輪を逆方向に回転させることで、その場から動かずに車体を旋回させるなど、既存の4WD車にはない高い機動性も備えている。

路面状態や車両情報などを確実にドライバーに伝えるために考案されたユーザーインターフェイスも特徴で、ダッシュボード中央の球形モニターをはじめ、各部のシステムはジェスチャーコントロールに対応。状況に応じて前方のモニターにボンネットを透過した映像を映し出すことで、通常は死角になる自車前方の路面の状況を視認することができるという。

このほかにも、e-サバイバーは自動運転にも対応。ホイールをはじめ内外装の各部にイルミネーションが装備されており、自動運転モードではグリーン、手動運転モードではブルーと、運転モードに応じて照明色が変化する仕組みとなっている。

■主要諸元

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3460×1645×1655mm

ホイールベース:2300mm

パワープラント:モーター(前後デュアルモーターアクスルユニット)

駆動方式:4モーターによる4輪独立駆動

(webCG)

[記事提供:webCG]
[記事提供:webCG]
掲載に関する免責事項について 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名
スズキ e-SURVIVOR 

関連コンテンツ

自動車(本体)関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

中古車検索・中古車情報

価格.com関連ページ

メーカーサイト