トーヨータイヤとニットー、東京オートサロン2018で迫力の世界観をアピール予定

ホーム > 新製品ニュース > 自動車・バイク > タイヤ > トーヨータイヤとニットー、東京オートサロン2018で迫力の世界観をアピール予定

トーヨータイヤとニットー、東京オートサロン2018で迫力の世界観をアピール予定

2017年12月7日 10:26掲載

トーヨータイヤ ブースイメージ ニットー ブースイメージ

東洋ゴム工業は、2018年1月12日から14日までの3日間、幕張メッセで開催される「東京オートサロン 2018」に、「トーヨータイヤ」と「ニットー」、両タイヤブランドのブースを出展する。

トーヨータイヤは、昨年までのブースイメージを一新し、臨場感と躍動感ある空間によって、「本物の走り」を支える同ブランドの世界観を披露する。本場アメリカのピックアップトラックから、レーサー仕様のユーロスポーツやSUVまで、日本国内では目に触れる機会の少ない車両を一堂に展示。エキサイティングな迫力と魅力を発信する。

また期間中は、トーヨータイヤがサポートしているラリードライバー、ケン・ブロック選手やオフロードレースのBJバルドウィン選手、ドリフト世界一決定戦の初代チャンピオン 川畑真人選手らを招き、トークショーやデモ走行も予定している。

一方、ニットーブースでは、過酷な米国オフロードレースに出場する車両や、映画「ワイルドスピード」にも登場する「ダッヂ・チャレンジャー」など、特徴ある車両を展示する。また、快適な乗り心地と静粛性を実現したラグジュアリースポーツUHP(ウルトラ・ハイ・パフォーマンス)タイヤの代表格「インヴォ」、SUV用大口径タイヤ「テラ・グラップラー」をはじめ、今年2月、日本国内市場に向けて発売されたUHPタイヤ「NT555 G2」やSUV用タイヤ「NT421Q」などを展示。ラグジュアリーかつワイルドなニットーの世界観を表現する。

[記事提供:レスポンス]
[記事提供:レスポンス]
掲載に関する免責事項について 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。



関連コンテンツ

タイヤ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

価格.com関連ページ