ヤマハ TMAX 新型発表…電子制御スロットル採用、2017年春に欧州へ導入

ホーム > 新製品ニュース > 自動車・バイク > バイク(本体) > ヤマハ TMAX 新型発表…電子制御スロットル採用、2017年春に欧州へ導入

ヤマハ TMAX 新型発表…電子制御スロットル採用、2017年春に欧州へ導入

2016年11月8日 17:20掲載

ヤマハ TMAX(2017年) ヤマハ TMAX DX(2017年) ヤマハ TMAX DX(2017年)

ヤマハ発動機は、大型スクーター『TMAX』をモデルチェンジし、2017年モデルとして2017年3月頃から欧州に導入すると発表した。

新型TMAXは、同社スクーターでは初となる電子制御スロットル「YCC-T」を採用。滑らかなレスポンスとスポーティなパワーを両立するとともに、濡れた路面や未舗装路でのスムーズな発進をサポートする。

また、車体は現行比で9kg軽量化。新設計アルミフレームを採用したほか、2次駆動用のVベルトは軽量25mm幅の高強度タイプとし、あわせてプーリーも新作。軽量タイヤ、バネ下重量低減を図る新作4.50幅リアホイール、樹脂製リアフレームなどの相乗効果で大幅な軽量化を実現した。

足回りでは、新設計のアルミ製リアアームを採用。40mmロング化し、駆動力変化に伴う対地姿勢を最適化。新設計のリンク式モノクロスサスペンションと組み合わせ、軽量ボディとの相乗効果で、自然な操舵感や優れた旋回性、素早い切り返しを楽しむことができる。

スタイリングでは、マフラーデザインを刷新し、リアアームを長く見せることで駆動感を強調。エンジンケースには新意匠を織り込みメカニカルな印象を表現した。インテリアは、加飾部品を増やし新規性を演出するとともに、質感を向上させている。

ラインアップはスタンダード仕様に加え、スポーティさを強調した「SX」、クルーズコントロールシステムや電動調整式スクリーンを備える「DX」を用意する。価格は未定。

[記事提供:レスポンス]
[記事提供:レスポンス]
掲載に関する免責事項について 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名
ヤマハ TMAX

関連コンテンツ

バイク(本体)関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

価格.com関連ページ

メーカーサイト