【ミラノショー16】スズキ、新型 バーグマン400 など4車種を発表

ホーム > 新製品ニュース > 自動車・バイク > バイク(本体) > 【ミラノショー16】スズキ、新型 バーグマン400 など4車種を発表

【ミラノショー16】スズキ、新型 バーグマン400 など4車種を発表

2016年11月9日 14:50掲載

スズキ バーグマン400 スズキ GSX-S125 スズキ GSX250R

スズキは、11月8日に開幕した「ミラノショー」にて、海外市場向けの2017年新型二輪モデル4車種を発表した。

スズキは、ラグジュアリースクーターの新型『バーグマン400』を全面改良。シリーズ共通の左右2灯ヘッドライトとテールランプにLEDを採用したほか、車両全体で軽量化を図ることで操縦性を向上しながら、42リットルの大容量シート下収納を確保した。また、399ccDOHCエンジンは、エアクリーナーボックスの容量を増やすことで低中速トルクを向上。素早いスロットルレスポンスと力強い加速を実現しながら、新排出ガス規制「ユーロ4」を満たした。

『GSX-S125』は、10月に「インターモト」で発表した『GSX-R125』と共通のエンジンとフレームを採用したストリートスポーツバイク「GSX‐Sシリーズ」の新型モデルだ。軽量コンパクトな車体に124cc水冷単気筒DOHCエンジンを搭載し、シリーズ共通のイメージとなる低く構えたデザインを採用。ワンアクション式シャッター付ステアリングロックや、ワンプッシュでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」、ABSを標準装備した。

新型『GSX250R』は、日常的な扱いやすさを持つスタンダードスポーツバイク。搭載される248ccの2気筒エンジンは、フリクション低減や燃焼効率向上など、街乗りで多用する低中速の扱いやすさを重視した出力特性となっている。スポーティな外観や、セパレートタイプのハンドルバー、前後分離式シートなどを採用しながらも、快適なポジションを実現した。

新型『V-ストローム250』は、ツーリングでの快適性と日常的な扱いやすさを両立したスポーツアドベンチャーツアラー。シリーズ共通のスタイリングを採用し、ヘッドライトにはアウトドアをイメージしたタフで力強いデザインを取り入れた。アップハンドルによる前傾の少ない快適な乗車姿勢や、ウィンドシールドによる高い防風効果など、長距離走行での疲労軽減に配慮した。

スズキはバーグマン400を2017年春より欧州、北米を中心に、GSX-S125は2017年夏より欧州を中心に販売を開始。また、GSX250Rは2016年冬より、V-ストローム250は2017年夏より、中国への投入を皮切りにグローバル展開する。10月に催された「インターモト」で発表した5車種と合わせて、合計9つの新型モデルを2017年に市場投入することで商品を充実させ、拡販を図る。

[記事提供:レスポンス]
[記事提供:レスポンス]
掲載に関する免責事項について 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名
スズキ バーグマン400

関連コンテンツ

バイク(本体)関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

価格.com関連ページ

メーカーサイト