【ホンダ レブル500/250】“くびれ”にこだわった…電装BOXを設置 開発者談

ホーム > 新製品ニュース > 自動車・バイク > バイク(本体) > 【ホンダ レブル500/250】“くびれ”にこだわった…電装BOXを設置 開発者談

【ホンダ レブル500/250】“くびれ”にこだわった…電装BOXを設置 開発者談

2017年4月27日 10:35掲載

本田技術研究所 二輪R&Dセンター 工藤知裕氏。 レブル500/250開発陣。 本田技術研究所 二輪R&Dセンターの高柴宏明氏。

ついに発売となったホンダ『レブル500』と『レブル250』。開発チームのひとり、本田技術研究所 二輪R&Dセンターの工藤知裕氏が、4月18日に開いたメディア向け試乗会および技術説明会にて、こだわりのポイントを教えてくれた。

「まずヘッドライトですが、質感とサイズにこだわろうということで、135mm径の丸型のガラスレンズを採用しました。LEDも考えましたが、この小ささと薄さを実現するためには不向きでした。アルミダイキャスト製のフレームでマウントし、シンプルなフロントマスクとなっています」

そして、新型レブルはシート高が690mmと低いうえ、フレームがとことん絞り込まれ、足着き性が抜群にいい。このシートまわり全体の“くびれ”を実現するために、本来ならシートの下に配置されるECU、イグニッションコイル、リレーといった電装部品を、燃料タンクとエンジンの間にあるトラス構造のフレーム部にボックスを作って収納している。

イグニッションスイッチもここにあり(車体左側)、そのおかげでハンドルまわりがスッキリとし、ライダーの視界が広く開けた。

さらに、同じくレブル開発陣のひとり、本田技術研究所 二輪R&Dセンターの高柴宏明氏は、シャープなステアリングフィールを実現させているのは、500と250、それぞれで剛性バランスを徹底追求したエンジンマウント部にもあるという。

メインフレームは500と250で共通だが、エンジンの大きさが異なるため剛性バランスが異なってしまう。そこで250では大きなマウントパーツを採用。両モデルともクセのないニュートラルなハンドリングを実現できたと話してくれた。

[記事提供:レスポンス]
[記事提供:レスポンス]
掲載に関する免責事項について 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名
ホンダ レブル500
ホンダ レブル250

関連コンテンツ

バイク(本体)関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

価格.com関連ページ

メーカーサイト