【ハーレー ストリートロッド】ハーレー初の前後17インチ、ハンドリングよりシャープに

ホーム > 新製品ニュース > 自動車・バイク > バイク(本体) > 【ハーレー ストリートロッド】ハーレー初の前後17インチ、ハンドリングよりシャープに

【ハーレー ストリートロッド】ハーレー初の前後17インチ、ハンドリングよりシャープに

2017年4月28日 9:30掲載

ハーレーダビッドソン ストリートロッド ハーレーダビッドソン ストリートロッド ハーレーダビッドソン ストリートロッド

これがあのハーレーダビッドソン…!? 高いハンドルで、両足を伸ばすようにして乗るライディングポジションはどこへやら。登場したばかりの最新モデル『ストリートロッド』は、上半身を前傾気味にして乗るスポーツバイクなのだ。

エンジンは伝統のVツインを踏襲しているが、水冷式に。排気量は750ccと、ハーレーにしては小さい。

見るからにアグレシッブな車体をじっくり見ていくと、まず前後ホイールが17インチとこれまたスポーティ。このサイズはMotoGPといった二輪最高峰のレーシングバイクにも採用される、ハンドリングがもっともシャープなサイズ。前後17インチのハーレーダビッドソンは、これが初だ。

もっと言えば、フロントフォークが倒立式に、リアサスペンションもピギーバックリザーバーショックという別体式タンク付きの高性能ユニットが奢られている。

フロントブレーキは大径300mmのディスクローターをデュアル装備し、2ピストンキャリパーをセット。軽量で剛性の高いキャストアルミホイールに専用開発のラジアルタイヤを履くなど、足まわりも強化を怠っていない。

そして「High Output Revolution X(ハイアウトプット レボリューションX)」と名付けられた改良型エンジンは、従来の同社750モデルより、パワーを18%、最大トルクを8%アップ。フレッシュエアを効率よく取り込む新型のエアクリーナーボックスやミクニ製シングルポートフューエルインジェクション、ボア径を拡大した(38→42mm)スロットルボディを導入し、吸気ポートやカムプロフィールも見直したことで実現した。

見るからに新しく、そして若者らエントリーユーザーも好みそうなスタイリッシュなハーレーダビッドソンの新作。アーバンスポーツという位置づけだが、実車を目の当たりにすると、アイアンホースと呼ばれるハーレーダビッドソンだけあって、やっぱり迫力があり強烈な存在感を放っている。

協力:ハーレーダビッドソン ジャパン(試乗会)

[記事提供:レスポンス]
[記事提供:レスポンス]
掲載に関する免責事項について 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名
ハーレーダビッドソン ストリートロッド 

関連コンテンツ

バイク(本体)関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

価格.com関連ページ

メーカーサイト