スズキ、モトクロッサー RM-Z450 をフルチェン…新設計フレームとスイングアーム採用

ホーム > 新製品ニュース > 自動車・バイク > バイク(本体) > スズキ、モトクロッサー RM-Z450 をフルチェン…新設計フレームとスイングアーム採用

スズキ、モトクロッサー RM-Z450 をフルチェン…新設計フレームとスイングアーム採用

2017年9月4日 10:39掲載

スズキ RM-Z450 スズキ RM-Z250

スズキは4ストロークモトクロッサー『RM-Z450』をフルモデルチェンジし、9月7日より発売する。

RM-Z450は、2005年にスズキ初の4ストローク市販モトクロッサーとして登場。その後、2008年にモトクロスマシンでは初のフューエルインジェクションシステムを搭載し、以降もマシン各部を見直し、2015年にはスズキホールショットアシストコントロール(S-HAC)を装備するなど、熟成を重ねてきた。

2018年モデルは、新設計フレームとスイングアームを採用し、エンジンは吸気系の変更により出力とスロットルレスポンスを向上。さらにS-HACのアップデートや前後サスペンションの改良など、エンジンと車体性能のバランスを向上させた。

価格は90万7200円。

またスズキは、4ストロークモトクロッサー『RM-Z250』をカラーチェンジして9月7日より発売する。価格は74万5200円。主要諸元に変更はない。

[記事提供:レスポンス]
[記事提供:レスポンス]
掲載に関する免責事項について 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名
スズキ RM-Z450

関連コンテンツ

バイク(本体)関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

価格.com関連ページ

メーカーサイト