マイクロソフト、Windows 8搭載タブレットPC「Surface」を発表

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > タブレットPC(端末)・PDA > マイクロソフト、Windows 8搭載タブレットPC「Surface」を発表

マイクロソフト、Windows 8搭載タブレットPC「Surface」を発表

Surface Surface Surface

米マイクロソフトは、自社開発のタブレットPC「Surface」を発表した。

同社が独自に開発したタブレットPCで、OSに次期「Windows 8」を塔載。ラインアップとして、OSに「Windows RT」を採用した「Surface for Windows RT」と、「Windows 8 Pro」を採用した「Surface for Windows 8 Pro」が用意される。プロセッサーは、「Surface for Windows RT」がARMプロセッサー、「Surface for Windows 8 Pro」が第3世代インテルCoreプロセッサーとなる。

「Surface for Windows RT」は、10.6型のHD液晶を塔載。本体の厚さは9.3mmで、重量は676gとなる。消費電力は31.5Wh。インターフェイスはmicroSDXC、USB 3.0、Mini DisplayPort Video、x2 MIMO antennaeなどを装備。ストレージ容量は32GBと64GBの2種類が用意される。

「Surface for Windows 8 Pro」は、10.6型のフルHD液晶を塔載。本体の厚さは13.5mmで、重量は903gとなる。消費電力は42Wh。インターフェイスはmicroSDXC、USB 3.0、Mini DisplayPort Video、2x2 MIMO antennaeなどを装備。ストレージ容量は64GBと128GBの2種類が用意される。

価格は、近日発表されるARMタブレットPCや、UltrabookクラスのPCと競合する価格帯になるという。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
マイクロソフト Surface for Windows RT  ARMプロセッサーを搭載したタブレットPC 
マイクロソフト Surface for Windows 8 Pro  インテルCoreプロセッサーを搭載したタブレットPC 

タブレットPC(端末)・PDA関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト