東芝、新コンテンツ保護「SeeQVault」対応の「dynabook T」シリーズ

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > ノートパソコン > 東芝、新コンテンツ保護「SeeQVault」対応の「dynabook T」シリーズ

東芝、新コンテンツ保護「SeeQVault」対応の「dynabook T」シリーズ

2015年5月19日 17:33掲載

「dynabook T95」 「dynabook T75」 「dynabook T55」

東芝は、2015年夏モデルのスタンダードノートPC「dynabook Tシリーズ」を発表。「dynabook T95」「dynabook T75」「dynabook T55」「dynabook T45」を5月22日より順次発売する。

「dynabook T」シリーズは、15.6型液晶を搭載したスタンダードタイプのノートPC。厚さ約24.5mmで重量約2.4kgのボディに、クアッドコアCPU「Core i7 4720HQ」やタッチ対応の高解像度4K液晶(3840×2160ドット)を搭載した「dynabook T95」、厚さ約23.5mmで重量約2.3kgのボディに、ブルーレイディスクドライブやIPSパネルのフルHD液晶(1920×1080ドット)を搭載した「dynabook T75」「dynabook T55」、約7時間の長時間バッテリー駆動に対応する「dynabook T45」をラインアップした。

さらに「dynabook T」シリーズは、スリムな筐体でありながら、キーボード内部のラバードームの形状や素材にこだわり、快適な打鍵感を実現した点が特徴。使用頻度の高いEnterキーやBackSpaceキーが従来より大きくなり、タッチパッドを指で操作した時のみ有効となる「パームリジェクション機能」を備えるなど、タイプミスや意図しない誤動作を軽減するための工夫を施している。

加えて、新コンテンツ保護技術「SeeQVault」にPCとして初めて対応。「SeeQVault」対応の「レグザブルーレイ」「レグザサーバー」で録画したTV番組をHD画質のまま、「SeeQVault」対応microSDメモリカードやUSB HDDにダビングして、PCで手軽に録画番組を視聴できる。また、原音に近いハイレゾ音源を再生できるプレーヤーを搭載しており、市販の外付けDACなどのハイレゾ対応機器を接続して、ハイレゾ音源を楽しむことが可能だ。

また、スマートフォンで撮影した写真を手軽に管理できる写真分類・閲覧アプリ「思い出フォトビューア」や、搭載の高品質スピーカーをBluetoothスピーカーとして利用できる「ワイヤレスミュージック機能」など、スマートフォンとの連携も強化。写真編集ソフトウェア「Adobe Photoshop Lightroom 5」「Adobe Photoshop Elements 12」も付属する。

このほか、モバイルノートPC「dynabook N51」を5月29日より順次発売する。「dynabook N51」は、タッチ対応の11.6型液晶を搭載したモバイルノートPCで、ビジネスシーンでの議事録作成を強力に支援する「TruRecorder」を新たに搭載した点などが特徴だ。

価格はいずれもオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
東芝 dynabook T95 T95/RG PT95RGP-LHA スタンダードノートPC 
東芝 dynabook T75 T75/RW PT75RWP-HHA [リュクスホワイト] スタンダードノートPC 
東芝 dynabook T55 T55/RW PT55RWP-BHA [リュクスホワイト] スタンダードノートPC 
東芝 dynabook T45 T45/RW PT45RWP-SHA [リュクスホワイト] スタンダードノートPC 
東芝 dynabook N51 N51/RG PN51RGP-NHA モバイルノートPC 

関連コンテンツ

ノートパソコン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト