東芝、第7世代Core搭載13.3型ノートPCなど「dynabook」2017年春モデル

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > ノートパソコン > 東芝、第7世代Core搭載13.3型ノートPCなど「dynabook」2017年春モデル

東芝、第7世代Core搭載13.3型ノートPCなど「dynabook」2017年春モデル

2017年1月23日 18:00掲載

dynabook RX73/C dynabook RX73/C T45

東芝クライアントソリューションは、2017年春モデルのノートPCを発表。13.3型モバイルノートPC「dynabook RX73/C」、15.6型ノートPC「dynabook T」シリーズなど計6機種18モデルを1月25日より順次発売する。

■dynabook RX73/C

ディスプレイに13.3型ワイドフルHD液晶(1920×1080ドット)を採用したモデル。生体認証「Windows Hello」に対応した指紋センサーを全モデルに搭載。自社開発のBIOSも搭載しており、さまざまなハードウェアを制御し、外部からデータを盗まれにくくする高度なセキュリティを実現するという。

さらに、堅牢性と持ち運びやすさを両立した厚さ約21.4mm、重さ約1.32kg(PRX73CBRBJA、PRX73CBPBJAのみ)の本体に、USB 3.0、HDMI、RGBなどインターフェースを装備するほか、ブルーレイディスクドライブまたはDVDスーパーマルチドライブも備える。

このほか、光学ドライブ非搭載で13.3型HD液晶のノートPC「dynabook RX33/C」もラインアップする。

一例として、「dynabook RX73/C」の主な仕様は、CPUが「Core i5 7200U」または「Core i3 7100U」、メモリーが8GB DDR4または4GB DDR4、ストレージが512GB SSDまたは256GB SSDまたは1TB HDD、OSは64bit版「Windows 10 Home」(Anniversary Update 適用済)をプリインストールする。

■「dynabook T」シリーズ

オンキヨー、Audysseyオーディシー Laboratories, Inc.と共同で開発した「dynabookサウンドエンジン by Audyssey」を搭載するなど、サウンド面を強化したモデル。「音楽」「映画」「ゲーム」「通話」という利用シーンに応じた4つのサウンドモードを用意し、自分好みのサウンドにチューニングできる。

ラインアップは、15.6型フルHD液晶(1920×1080ドット)を搭載した「dynabook T85/C」「dynabook T75/C」「dynabook T55/C」、「dynabook T45/C」15.6型ワイドHD液晶(1366×768ドット)を用意する。

価格はいずれもオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
東芝 dynabook RX73 RX73/CWR PRX73CWRBJA [プラチナホワイト] 第7世代Core搭載13.3型ノートPC(13.3型ワイドフルHD液晶)512GB SSD プラチナホワイト 
東芝 dynabook RX73 RX73/CBR PRX73CBRBJA [グラファイトブラック] 第7世代Core搭載13.3型ノートPC(13.3型ワイドフルHD液晶)512GB SSD グラファイトブラック 
東芝 dynabook RX73 RX73/CWQ PRX73CWQSJA [プラチナホワイト] 第7世代Core搭載13.3型ノートPC(13.3型ワイドフルHD液晶)1TB HDDプラチナホワイト 
東芝 dynabook RX73 RX73/CBP PRX73CBPBJA [グラファイトブラック] 第7世代Core搭載13.3型ノートPC(13.3型ワイドフルHD液晶)256GB SSD グラファイトブラック 
東芝 dynabook RX73 RX73/CBQ PRX73CBQSJA [グラファイトブラック] 第7世代Core搭載13.3型ノートPC(13.3型ワイドフルHD液晶)1TB HDDグラファイトブラック 

関連コンテンツ

ノートパソコン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト