【12/8〜12/14 週間アクセスランキング】1.14kgで14.4時間駆動のノートPC

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > ノートパソコン > 【12/8〜12/14 週間アクセスランキング】1.14kgで14.4時間駆動のノートPC

【12/8〜12/14 週間アクセスランキング】1.14kgで14.4時間駆動のノートPC

2017年12月15日 18:50掲載

ZenBook 13 マクラーレン・セナ iMac Pro
ホンダ スーパーカブ B9440UA スープラ新型

毎週末、「価格.com新製品ニュース」でアクセス数の多かったニュース記事をランキング形式でお届け。2017年12月8日〜12月14日に公開したニュースのランキングトップ10は以下のとおり。

■1位 ASUS、1.14kgで14.4時間駆動する13.3型ノートPC「ZenBook 13」…12月8日

非光沢の13.3型フルHD液晶(1920×1080ドット)を搭載したモバイルノートパソコン。厚さ13.9mm、重さ約1.14kgと薄型・軽量ながらも、約14.4時間という長時間のバッテリー駆動時間を実現する。また、液晶ディスプレイを囲むベゼル部分は、左右の幅が約10mm、上部の幅が約15mmの狭額ベゼルを採用した。

■2位 名前は「セナ」…マクラーレンの新型スーパーカーは史上最強の800ps、75万ポンド…12月11日

マクラーレン・セナは、マクラーレンオートモーティブの「アルティメットシリーズ」の最新作。中核モデルの「スーパーシリーズ」(「720S」)の上に位置するアルティメットシリーズ最新作は、生産を終了したマクラーレン「P1」の後継車として登場した。公道とサーキットの両方で、優れたパフォーマンスを発揮することを目指す。

■3位 アップル、“Mac史上最もパワフルな”「iMac Pro」を12/14発売決定…12月13日

「iMac Pro」は、「Mac史上、最もパワフルなワークステーションクラスのグラフィックス、プロセッサ、ストレージ、メモリ、I/Oのコレクションを詰め込んだiMac」として、6月に発表されたモデル。ディスプレイは、27型の5K Retinaディスプレイ(5120×2880ドット)を装備。CPUはXeonを採用し、8コア、10コア、18コアが選択可能だ。

■4位 【ホンダ スーパーカブ 試乗】「一家に一台どうぞ!」と言いたくなる頼もしさとお洒落感…佐川健太郎…12月8日

今回の新型「スーパーカブ50/110」のフルチェンジにおいては、原点に立ち返りつつも一貫した継承と進化が図られた。50と110は基本的に共通の車体とデザインが与えられている。レッグシールドからリヤフェンダーつながる美しいS字ラインや丸型ヘッドライトなど初期型を思わせる曲線基調に戻りつつも、LED化するなど洗練されたデザインが特徴だ。

■5位 ASUS、約1.05kgの薄型14型ノートPC「B9440UA」を119,800円から発売…12月13日

薄型・軽量ながら、米国国防総省が制定したMIL規格(MIL-STD-810G)に準拠したテスト9項目をクリアした堅牢性も装備。軽量なマグネシウム合金をボディに使用し、金属ならではの重厚感と美しい質感を兼ね備えた。ディスプレイは、14型フルHD液晶(1920×1080ドット)を搭載し、液晶部分上部と左右のベゼル幅は約5.4mmだ。

■6位 スープラ新型の名称は「2000GT」に!? 2017年内に登場の可能性も…12月13日

世界が注目するトヨタの新型クーペ「スープラ」が、2017年内にも初公開される可能性があることが新たに分かった。さらに、車名も別のものが与えられる可能性が浮上した。とはいえ、「スープラ」の車名が完全に消滅したわけではなく、複数の選択肢がありえるという。そしてその候補として、トヨタ史上に残る名車「2000GT」や「スープラ3000」などが予想されている。

■7位 “楽しさ”を追求した新型「スズキ・スペーシア」発売…12月14日

2017年秋に開催された東京モーターショーで、デザインコンセプトが披露されたばかりのスペーシアが、早くも2代目としてデビューした。両側スライドドアを備えた使い勝手に優れる軽ハイトワゴンという魅力はそのままに、家族や仲間とワクワク楽しく使えるモデルを目指したという。

■8位 マツダの新型ロータリースポーツ、ついに開発車両を目撃!2019年発売へ…12月11日

ニュルブルクリンク付近で目撃された1台の不自然なRX-8。これが次期ロータリースポーツのテスト車なのは間違いない。外観はほぼRX-8のままだが、フロントエアダクトが見慣れぬ形状に拡大されていることが分かる。ボディの延長や拡大はされておらず、初期段階のエンジンテスト車両だと思われる。

■9位 ASUS、14.6時間駆動の2in1モデル「ASUS TransBook Mini」など3機種…12月8日

「ASUS TransBook Mini T103HAF」は、前モデルからバッテリー駆動時間が向上し、最大約14.6時間を実現。主な仕様は、10.1型WXGA液晶(1280×800ドット)、CPUが「Atom x5-Z8350」、メモリーが4GB、ストレージが64GB eMMC。OSは64bit版「Windows 10 Home」をプリインストールする。

■10位 「ホンダ・フリード」に走りを高めたコンプリートカー「モデューロX」が登場…12月14日

モデューロX」は、ホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスのカスタマイズパーツを、生産過程で装着して販売するコンプリートカーである。今回のフリードはその第4弾のモデルにあたり、「エモーショナル ツアラー」をコンセプトに各部をチューニング。専用のアルミホイールやサスペンション、空力パーツの装着により、「意のままに操れる操縦性」と「上質かつしなやかな乗り味」が追求されている。


関連コンテンツ

ノートパソコン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク