オンキヨー、Core i7モデルなどWindows 8搭載の11.6型タブレット4機種

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > タブレットPC(端末)・PDA > オンキヨー、Core i7モデルなどWindows 8搭載の11.6型タブレット4機種

オンキヨー、Core i7モデルなどWindows 8搭載の11.6型タブレット4機種

TW3A-B36シリーズ

オンキヨーは、Windows 8を搭載した11.6型タブレット「TW3A-B36」シリーズを発表。本日より同社直販サイト「オンキョーダイレクト」にて受注を開始し、11月上旬より順次発売する。

ラインアップとして、64bit版Windows 8搭載モデル「TW3A-B36C79」「TW3A-B36E88」と、64bit版Windows 8 Professional搭載モデル「TW3A-B36C79P」「TW3A-B36E88P」の計4機種を用意する。

いずれも、10点マルチタッチ対応の11.6型ワイド液晶ディスプレイ(1366×768ドット)を搭載。CPUは、「TW3A-B36C79」と「TW3A-B36C79P」に超低電圧版「Core i7 3517U」を、「TW3A-B36E88」と「TW3A-B36E88P」に超低電圧版「Celeron 887」を搭載している。ストレージは、「TW3A-B36C79」と「TW3A-B36C79P」に128GB SSDを、「TW3A-B36E88」と「TW3A-B36E88P」に64GB SSDを装備。メモリーは、全機種とも4GB DDR3を採用している。

通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0を搭載。インターフェイスは、miniHDMIコネクター×1、ヘッドホン端子/モノラルマイク入力端子×1、USB 3.0×1、ドッキングポートなどを備える。バッテリーには、容量4200mAhのリチウムイオンバッテリーを内蔵。バッテリー駆動時間は測定中となっている。

このほか、オプションとして、有線LANポートやUSB 2.0ポートを備えたドッキング・キーボード「PDS3A-AB35DK」を用意。装着することで、本製品をノートパソコンのようにして使用することが可能だ。加えて、ドッキング・キーボードにはサブバッテリーも(2200mAh)内蔵し、装着時の使用時間を大幅に伸ばすことができる。また、タブレット本体と接続した状態で充電も行える。

タブレット端末「TW3A-B36」シリーズの本体サイズは300(幅)×198(高さ)×14(奥行)mm(突起物は含まず)、重量は約1.0kg。ドッキング・キーボード「PDS3A-AB35DK」の本体サイズは300(幅)×198(高さ)×15(奥行)mm(突起物は含まず)、重量は980g。

直販価格は、タブレット端末の「TW3A-B36C79」が124,800円、「TW3A-B36C79P」が129,800円、「TW3A-B36E88」が89,800円、「TW3A-B36E88P」が94,800円、ドッキング・キーボードの「PDS3A-AB35DK」が10,000円。

なお、OSにWindows 7を搭載した11.6型タブレット「TW3A-A35」シリーズ(計4機種)も同時に発表された。こちらも、「TW3A-B36」シリーズと同様、11月上旬より順次発売される。直販価格は89,800円〜。

メーカーWebサイトへ


価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
ONKYO TW3A-B36C79  Core i7を搭載したWindows 8搭載の11.6型タブレット 
ONKYO TW3A-B36C79P  Core i7を搭載したWindows 8 Professional搭載の11.6型タブレット 
ONKYO TW3A-B36E88  Windows 8搭載の11.6型タブレット 
ONKYO TW3A-B36E88P  Windows 8 Professional搭載の11.6型タブレット 

タブレットPC(端末)・PDA関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト