2画面の電子ペーパー楽譜端末「GVIDO」、フットスイッチでページめくりも

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > タブレットPC > 2画面の電子ペーパー楽譜端末「GVIDO」、フットスイッチでページめくりも

2画面の電子ペーパー楽譜端末「GVIDO」、フットスイッチでページめくりも

2017年4月6日 17:40掲載

GVIDO フットスイッチ 牛革カバー

テラダ・ミュージック・スコアは、2画面電子ペーパー楽譜専用端末「GVIDO」を発表。電子楽譜の管理が可能となるクラウドサービスや純正アクセサリーとあわせて、9月20日より提供を開始する。なお、「GVIDO」の設計、製造はVAIOが担当したという。

今回発表した電子楽譜専用端末は、2016年6月に開発発表したものをベースに、大幅に機能を改善したモデル。「GVIDO」という名前の由来は、11世紀初頭に五線譜の礎を考案したとされる、Guido d’Arezzo氏に敬意を表して名づけたとのことだ。

具体的には、E Ink社の「Carta e-paper technology」を採用した、Mobius13.3型フレキシブル電子ペーパーを搭載し、書き換えスピードやコントラストが向上。大型の2画面ながら薄型・軽量で、楽譜とほぼ同じサイズを実現した。さらに、ワコムと共同でGVIDOスタイラスペンを開発し、ワコムのペン入力技術と合わせて、ペンの書込みや消去の使い勝手などを強化した。

このほか主な仕様は、ディスプレイ(2画面)がMobius13.3型フレキシブル電子ペーパー、内蔵メモリーが8GB。外部記録媒体がmicroSDメモリーカードをサポートし、Wi-Fi機能を使って、GVIDO クラウドサービスも利用可能。電子楽譜のファイル形式は、PDFをサポートする。

また、別売りの純正アクセサリー「GVIDO フットスイッチ」とは、microUSBまたはBluetooth経由で接続可能。ページめくりやセットリストの操作などを、フットスイッチだけで行える。本体サイズは482(幅)×310(高さ)×6.05(奥行)mm(使用時)、重量は約660g。

販売国は日本、北米、欧州を予定。米国での価格は米1,600ドル(税別)になる予定とのことだ。

■関連リンク

ニュースリリース(PDF)


関連コンテンツ

タブレットPC関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク