PFU、「ScanSnap iX500」に名刺管理サービス「Sansan」連携モデル

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > スキャナ > PFU、「ScanSnap iX500」に名刺管理サービス「Sansan」連携モデル

PFU、「ScanSnap iX500」に名刺管理サービス「Sansan」連携モデル

2016年5月26日 16:50掲載

「iX500」

PFUは、ドキュメントスキャナー「ScanSnapシリーズ」のフラッグシップモデル「iX500」の新モデルとして、Sansanの法人向け名刺管理サービスと連携するオールインワンモデル「ScanSnap iX500 Sansan Edition FI-IX500SE」を発表。5月26日より発売する。

ドキュメントスキャナー「ScanSnap」を提供するPFUと、法人向けクラウド名刺管理サービスを提供するSansanによるコラボレーションモデル。中小企業や個人事業主など複数人で、名刺管理サービス「Sansanスマートフォンプラン」を活用できる。500枚までの名刺を管理でき、さらに多くの名刺を管理したい場合は、上位の名刺ストレージプランにアップグレードできるという。

なお、スキャンした名刺はオペレーターが情報を入力する。また、データ化した名刺は、スマートフォンを使って閲覧・検索することが可能だ。利用ユーザー数は無制限という。さらに、登録した名刺情報は、CSVファイル形式のダウンロードや、API経由でSFAやCRMなどの外部サービスと連携できるという。

このほか、「ScanSnap iX500」の標準機能は継続して搭載。さまざまな書類や領収書をワンプッシュですばやく電子化できるほか、ファイル管理ソフトやOCR機能の利用が可能だ。

直販価格は59,400円。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
PFU ScanSnap iX500 Sansan Edition FI-IX500SE 名刺管理サービス「Sansan」連携するドキュメントスキャナー 

関連コンテンツ

スキャナ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト