リコー、スマホから印刷できるジェルジェットプリンター「SG 5100/3200/2200」

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > プリンタ > リコー、スマホから印刷できるジェルジェットプリンター「SG 5100/3200/2200」

リコー、スマホから印刷できるジェルジェットプリンター「SG 5100/3200/2200」

2017年1月12日 15:30掲載

SG 5100 SG 3200 SG 2200

リコーは、ジェルジェットプリンターの新製品「RICOH SG 5100/3200/2200シリーズ」の3機種6モデルを発表。1月19日より発売する。

いずれも、インクジェット方式とレーザー方式双方の技術を兼ね備えた、同社独自のジェルジェットプリンター。A4サイズの連続プリント速度は、「SG 5100 シリーズ」は30枚/分、「SG 3200 シリーズ」は29枚、「SG2200 シリーズ」は25枚と高い生産性を実現した。また、ファーストプリント速度も2.5秒以下と高速で、1枚ものの出力が多い場合も待たずに使用できる。

また、新たに操作パネルに、漢字表示が可能なバックライト付き4行LCDを採用。従来の2行LCDよりも視認性にすぐれ、快適に操作可能。さらに、Wi-Fi Direct、AirPrint、Mopriaに対応。タブレット端末などのモバイル機器からの印刷手段に幅広く対応する。

このほか、「RICOH SG 5100 シリーズ」は、従来機と比較して耐久枚数が20万ページから30万ページに向上し、さらなる大量印刷に対応。さらに、フロント手差しモデルを用意しており、用紙の入れ替えの手間を低減する。「RICOH SG 3200/2200 シリーズ」は、コンパクト設計ながら無線LANを標準で搭載し、使いやすさを高めたほか、それぞれ安心3年モデルも用意している。

「RICOH SG 5100」通常モデルの本体サイズは509(幅)×263(高さ)×485(奥行)mm、重量が約15.5kg(本体のみ、消耗品含む)。フロント手差しモデルの本体サイズは509(幅)×263(高さ)×491(奥行)mm、重量が約16kg(本体のみ、消耗品含む)。 「RICOH SG 3200 シリーズ」の本体サイズは399(幅)×213(高さ)×437(奥行)mm、重量が約10.5kg(本体のみ、消耗品含む)。「RICOH SG 3200 シリーズ」の本体サイズは399(幅)×213(高さ)×360(奥行)mm、重量が約10kg(本体のみ、消耗品含む)。

価格はいずれもオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
リコー SG 5100 耐久枚数が30万ページになったジェルジェットプリンター 
リコー SG 5100 フロント手差しモデル 耐久枚数が30万ページになったジェルジェットプリンター(フロント手差しモデル) 
リコー SG 3200 無線LAN搭載のジェルジェットプリンター(連続プリント速度29枚) 
リコー SG 3200 安心3年モデル 無線LAN搭載のジェルジェットプリンター(連続プリント速度29枚 安心3年モデル) 
リコー SG 2200 無線LAN搭載のジェルジェットプリンター(連続プリント速度25枚) 
リコー SG 2200 安心3年モデル 無線LAN搭載のジェルジェットプリンター(連続プリント速度25枚 安心3年モデル) 

関連コンテンツ

プリンタ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト