ブラザー、画面が大型化し防塵防滴対応になった「エアスカウター」新モデル

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > モニタ・ディスプレイ > ブラザー、画面が大型化し防塵防滴対応になった「エアスカウター」新モデル

ブラザー、画面が大型化し防塵防滴対応になった「エアスカウター」新モデル

2018年2月8日 11:47掲載

WD-300A WD-300A

ブラザー販売は、ヘッドマウントディスプレー「AiRScouter(エアスカウター)」の新製品として、画面サイズの大型化や防塵防滴など本体性能が向上した業務モデル「WD-300A」を2018年3月上旬より発売する。

近年増加しているカメラ付きドローンや業務用カメラ、測定機器などの操縦用途の需要拡大にあわせ、画面サイズを大型化し、防塵防滴性能などの本体性能を向上したエアスカウター新モデル。従来機種と比較し、ディスプレイ画角が約1.44倍(標準モード時)の大画面を実現。720p(1280×720ドット)の高解像度液晶パネルによる見やすさに加え、位置合わせの容易性も向上したという。

また、ヘッドディスプレイ部分は防塵防滴性能IP54に準拠し、屋外での使用環境を気にすることなく使用可能となった。このほか、眼鏡やヘルメットなどを装着した状態でも、最適なポジションにディスプレイを固定できるフレキシブルアーム、映像の奥行をあわせる焦点距離調整機能を、ドローン向けに適した30cmから無限遠に対応するなど、見やすさを向上した。

ヘッドディスプレイ一式のサイズは183(幅)×264(高さ)×26(奥行)mm、ケーブル長は1.5m。コントロールボックスのサイズは56(幅)×13(高さ)×36(奥行)mm、重量は1700g(ケーブル・コントロールボックス含む)。

価格はオープン。

■関連リンク

【新製品ニュース】ブラザー、東京大学と共同研究した解像度720pの「エアスカウター」

【新製品ニュース】ブラザー、画面解像度1280×720のヘッドマウントディスプレイ

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
ブラザー AiRScouter WD-300A 画面が大型化した業務用ヘッドマウントディスプレー 

関連コンテンツ

モニタ・ディスプレイ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト