JAPANNEXT、65型で4K UHD対応の曲面ワイド液晶モニター「JN-VC650UHD」

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > 液晶モニタ・液晶ディスプレイ > JAPANNEXT、65型で4K UHD対応の曲面ワイド液晶モニター「JN-VC650UHD」

JAPANNEXT、65型で4K UHD対応の曲面ワイド液晶モニター「JN-VC650UHD」

2017年5月19日 16:29掲載

「JN-VC650UHD」 「JN-VC650UHD」 「JN-VC650UHD」

JAPANNEXTは、4K SVAパネル採用の65型ワイド曲面液晶モニター「JN-VC650UHD」を発表。5月19日より発売する。

4K UHD(3840×2160ドット)の表示領域に加え、見やすさを向上させる16:9の曲面スクリーンを採用した65型ワイド液晶モニター。曲面モニターによって均一化された焦点距離で見やすさを向上し、今までにない臨場感ある視覚体験を楽しめる。また、画数ピッチを約0.37mmまで縮めることで、65型モニターながら、32型フルHDモニターとほぼ同じピクセル密度、68PPIを実現した。さらに、映像をより鮮やかに、美しく、忠実な色再現ができる1.07B色対応パネルを採用した。

加えて、どの角度から見ても色やコントラスト変化がおきにくい、画像を鮮明に映し出すスーパーVAパネルを搭載し、広視野角上下左右178度を実現。スーパーVAパネルは標準的なVAパネルと異なり、画像を鮮やかな色彩でくっきりとより鮮やかに美しく忠実な色再現ができるという。このほか、60Hzのリフレッシュレートと3ms(最大)応答速度対応で、動きの速い描写の映像をなめらかに表現可能だ。本体はアルミ製で丈夫な作りとなっており、マルチディスプレイ時にも高い没入感を得られる。

機能面では、AMD FreeSyncに対応し、3種類のゲームモード機能を搭載。映画やゲームなどに適している。このほか、マルチウィンドウ機能、PIP/PBPに対応し、画面を分割して最大4つの入力ソースを表示可能。LEDバックライト採用により省電力化したほか、さらに省エネモード搭載で消費電力を99Wに抑えた。

主な仕様は、輝度が250カンデラ、コントラストが6000:1、アスペクト比が16:9。インターフェイスがDisplayPort 1.2(Thunderbolt対応)×1、HDMI 2.0×1、HDMI 1.4×2、アナログRGB×1など。本体サイズは1245(幅)×953(高さ)×385(奥行)mm、重量が31kg。

価格は199,970円。

■関連リンク

製品情報


関連コンテンツ

液晶モニタ・液晶ディスプレイ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク