エイサー、Acer Windows Mixed Reality ヘッドセットを10/17発売

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > VRゴーグル・VRヘッドセット > エイサー、Acer Windows Mixed Reality ヘッドセットを10/17発売

エイサー、Acer Windows Mixed Reality ヘッドセットを10/17発売

2017年10月6日 16:10掲載

Acer Windows Mixed Reality ヘッドセットコンシュマーバージョン AH101 Acer Windows Mixed Reality ヘッドセットコンシュマーバージョン AH101

日本エイサーは、WindowsパソコンでMixed Reality(複合現実)を体験できるヘッドマウントディスプレイ「Acer Windows Mixed Reality ヘッドセットコンシュマーバージョン AH101」(ヘッドセット本体+モーションコントローラー2基セット)を発表。10月17日より発売する。

ヘッドセットをWindows 10搭載パソコンにHDMIとUSBケーブルで接続し、現実の世界とデジタルの世界が複合的につながり合う、新しい空間体験を実現するという。

また、外部センサーを必要としないインサイドアウト方式のトラッキングシステムをヘッドセットに内蔵することで、視界の広い複合現実の体験を手軽に楽しめる。

6自由度(前後、左右、上下の移動、傾き、回転)という高い自由度の位置トラッキングで、体と頭の細かい動きを敏感にキャッチする。視点を変えたり、空間内を移動したり、付属のモーションコントローラーを動かすと、それに応じてWindows Mixed Reality内の空間がインタラクティブに反応し、よりリアルな体験が味わえる。

性能面では、2基の2.89型液晶ディスプレイを搭載し、2880×1440ドット(単眼で1440×1440ドット)の高解像度映像を最大90Hzのリフレッシュレートで表示することが可能だ。

個人差のあるIPD(瞳孔間距離)は、ソフトウェアにより、63mm±8mmの範囲での調節に対応。メガネを着けている状態でも違和感なく装着でき、MRの映像を楽しめる。

サイドには3.5mmオーディオジャックを装備しており、ヘッドホンを接続することができる。

ヘッドセットの本体サイズは195.8(幅)×143.4(高さ)×384.2(奥行)mm。重量は440g(ケーブル含まず)。

モーションコントローラーは、単3形乾電池×2本を使用。パソコンとの接続はBluetoothを採用する。本体サイズは152.7(幅)×119.1(高さ)×119.1(奥行)mm。重量は125.6g(電池なし)。

市場想定価格は55,000円前後(税別)。

■関連リンク

ニュースリリース

【新製品ニュース】エイサー、「Windows Mixed Reality」対応HMDの予約受付を再開

【新製品ニュース】エイサー、Windows Mixed Reality対応ヘッドマウントディスプレイの予約開始


関連コンテンツ

VRゴーグル・VRヘッドセット関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク