ソニー、1.3mで100型表示が可能な短焦点プロジェクター

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > プロジェクタ > ソニー、1.3mで100型表示が可能な短焦点プロジェクター

ソニー、1.3mで100型表示が可能な短焦点プロジェクター

VPL-BW120S

ソニーは、ホームシアタープロジェクターの新モデル「VPL-BW120S」を発表。7月25日より発売する。

口径123mmの大口径短焦点レンズの採用による広角投写で、大画面スクリーンや白い壁への近距離投影を実現。100型の映像を約1.3mの近距離から投影が可能となっており、視聴位置より前方に本機を設置できるため、人の影などで投射光を遮ることなく、大画面映像を楽しむことができる。

性能面では、1280×800ドット表示に対応。2600ルーメンの高輝度と、コントラスト比4000:1を実現し、明るい部屋でも鮮やかな映像表現とくっきりとした色再現を可能としている。また、「ダイナミック」「スタンダード」「ゲーム」などのの6種類の画質モードを搭載する。

インターフェイスはHDMI×1、コンポーネント×1(兼用)、アナログRGB×1(兼用)、Sビデオ×1、コンポジット×1を装備。本体サイズは313.4×160.3×349.3mm、重量は約3.7kg。

市場想定価格は8万円前後。

メーカーWebサイトへ


価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
SONY VPL-BW120S 短焦点レンズの採用したホームシアタープロジェクター 

プロジェクタ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト