キヤノン、解像度4096×2400ドットの4Kプロジェクターを開発

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > プロジェクタ > キヤノン、解像度4096×2400ドットの4Kプロジェクターを開発

キヤノン、解像度4096×2400ドットの4Kプロジェクターを開発

2015年9月1日 17:51掲載

開発中の4Kプロジェクター

キヤノンは、4Kデジタルシネマ(4096×2160ドット)を上回る4096×2400ドットの解像度に対応した5000ルーメンのLCOS液晶プロジェクターを開発していることを明らかにした。今後、同社が培ってきた光学技術や光学システム、高性能映像エンジンなどの独自技術を生かし、2016年に4Kプロジェクター市場へ参入する構えだ。

今回開発している4Kプロジェクターは、「パワープロジェクター」シリーズの新機種という位置づけ。高輝度・高解像度でありながら、小型・軽量で幅広い設置環境に対応できるという。

具体的には、4096×2400ドットの高解像度LCOSパネルを搭載し、4Kデジタルシネマを上回る解像度で高精細に投影することが可能。独自の光学システム「AISYS」によって、5000ルーメンの高輝度と大幅な小型・軽量化を同時に実現する。

さらに、新開発の4K対応ワイドズームレンズを搭載。短い設置距離で大画面の投影に対応するほか、ドーム型スクリーンなどの曲面に光学的にピントを合わせられる機能も備えるとのことだ。

■関連リンク

ニュースリリース


関連コンテンツ

プロジェクタ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク