ソニー、5000ルーメンを実現した4Kプロジェクター最上位モデル「VPL-VW5000」

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > プロジェクタ > ソニー、5000ルーメンを実現した4Kプロジェクター最上位モデル「VPL-VW5000」

ソニー、5000ルーメンを実現した4Kプロジェクター最上位モデル「VPL-VW5000」

2016年9月6日 17:15掲載

VPL-VW5000 VPL-VW5000

ソニーは、4Kホームシアタープロジェクター「ES」シリーズの最上位モデル「VPL-VW5000」を発表。受注生産となっており、9月24日より受注を開始し、11月下旬以降に順次発送される。

独自開発のネイティブ4K液晶ディスプレイデバイス「4K SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)」を3枚搭載した4Kホームシアタープロジェクター。臨場感のある高精細な4K映像(4096×2160ドット)を投写することが可能だ。

また、レーザー光源を新開発し、青色のレーザーと蛍光体を組み合わせたシステム「Z-Phosphor」を採用。高出力の豊かな光量で映像を投写しながら、広色域も実現。家庭用のプロジェクターとして最高レベル5000ルーメンの高輝度の映像を投写することで、大型スクリーンでも迫力ある映像を楽しめる。

さらに、HDR(ハイダイナミックレンジ)表示に対応。シリーズ最高の高コントラストを実現し、技術的に難易度の高い高輝度と高コントラストを両立することで、全体の明暗の差が大きいHDRの映像も、暗い箇所から明るい箇所まで黒つぶれや白とびすることなく細部まできれいに表現する。

このほか、投写サイズは60〜300型(対角17:9)。入力端子は、HDMI(18Gbps対応、CEC対応、HDCP 2.2対応)×2。本体サイズは550.0(幅)×262.0(高さ)×880.2(奥行)mm(レンズ含む。突起部含まず)。重量は約43kg。ボディカラーはブラック。

価格は800万円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
SONY VPL-VW5000 [ブラック] レーザー光源で5000ルーメンを実現した4Kホームシアタープロジェクター 

関連コンテンツ

プロジェクタ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト