ソニー、HDR対応で100万円の4Kプロジェクター「VPL-VW535」

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > プロジェクタ > ソニー、HDR対応で100万円の4Kプロジェクター「VPL-VW535」

ソニー、HDR対応で100万円の4Kプロジェクター「VPL-VW535」

2016年9月6日 16:40掲載

VPL-VW535 VPL-VW535

ソニーは、4Kホームシアタープロジェクター「ES」シリーズの新モデルとして「VPL-VW535」を発表。10月29日より発売する。

独自開発のネイティブ4K液晶ディスプレイデバイス「4K SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)」を3枚搭載した4Kホームシアタープロジェクター。臨場感のある高精細な4K映像(4096×2160ドット)を投写することが可能だ。

また、輝度1800ルーメンに加え、映像を解析してランプ光量を自動制御する「アドバンストアイリス3」の搭載や光学ユニットの改良により、高コントラスト350000:1のダイナミックコントラスト比を実現する。

さらに、4K 24pに加えて、4K 60pのHDR(ハイダイナミックレンジ)コンテンツの表示に対応。高輝度・高コントラストでの映像の再現力を生かして、豊かな階調と奥行き感が増したHDRの映像を楽しめる。

このほか、投写サイズは60〜300型(対角17:9)。入力端子は、HDMI(CEC対応、HDCP 2.2対応)×2。本体サイズは495.6(幅)×195.3(高さ)×463.6(奥行)mm(突起部含まず)。重量は約14kg。ボディカラーは、ブラックとプレミアムホワイトの2色を用意する。

価格は100万円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
SONY VPL-VW535 (B) [ブラック] ネイティブ4K SXRDパネルの採用した4Kホームシアタープロジェクター(ブラック) 
SONY VPL-VW535 (W) [プレミアムホワイト] ネイティブ4K SXRDパネルの採用した4Kホームシアタープロジェクター(プレミアムホワイト) 

関連コンテンツ

プロジェクタ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト