ソニー、至近距離から100型4K HDR映像を投影できる超短焦点プロジェクター

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > プロジェクタ > ソニー、至近距離から100型4K HDR映像を投影できる超短焦点プロジェクター

ソニー、至近距離から100型4K HDR映像を投影できる超短焦点プロジェクター

2017年3月15日 18:01掲載

VPL-VZ1000 VPL-VZ1000

ソニーは、壁際の至近距離から100型の4K HDR映像を投影できる4K超短焦点ホームシアタープロジェクター「VPL-VZ1000」を発表。4月22日より発売する。

高精細な4K映像に加えて、同社の超短焦点ホームシアタープロジェクターとして初めてHDR映像の表示にも対応したホームシアタープロジェクター。壁際の至近距離(本体端からスクリーン面までの距離を約16cm離した場合)から100型の4K HDR映像を投影できる点が特徴。最大で120型まで投影できる。本体はインテリアにも調和しやすいシンプルなデザインで、リビングのチェストやリビングボードの上などに設置可能だ。

また、光源に青色レーザーと蛍光体を組み合わせたシステム「Z-Phosphor」を採用し、高い光の利用効率を誇る4K液晶ディスプレイデバイス4K SXRDと組み合わせることで、2500ルーメンの豊かな光量で、高輝度と高コントラストを両立する。全体の明暗の差が大きいHDRの映像も、暗い箇所から明るい箇所まで黒つぶれや白とびすることなく細部まで鮮明に表現可能だ。

さらに、ネイティブ4K SXRDパネルの搭載により、被写体の輪郭や微妙なディテールまでクリアに、高精細の4K映像で映し出せる。加えて、同社が十数年培ってきた「データベース型超解像処理LSI」も搭載し、フルHDの映像も、画像に合わせて最適に超解像処理(4K映像へのアップコンバート変換)を行い、きめ細やかで高品位な4K映像を再現する。このほか、4K入力に対応するためのHDCP2.2対応HDMI入力端子を4系統装備する。

主な仕様は、投影方式が3SXRDパネル・3原色液晶投写方式、パネルがソニー製0.74型4K SXRD(26542080画素)、投影サイズが80〜120型(対角・17:9)。消費電力は435W(待機時:約0.5W/リモートスタート(入)時:約0.6W)。

本体サイズは925(幅)×218.5(高さ)×493.8(奥行)mm、重量が約35kg。リモコン「RM-PJ28」、単3形乾電池×2、プロジェクター用電源コード、プラグホルダー、クリーニングクロス、トップカバー、サイドカバー×2、サイドカバー用ストラップ×2、サイドカバー用リベット×2などが付属する。

価格は220万円(税別)。

■関連リンク

【価格.comマガジン】ソニー、超短焦点4K HDRプロジェクター「VPL-VZ1000」を4月下旬に発売決定!

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
SONY VPL-VZ1000 [ブラック] 壁際の至近距離から100型の4K HDR映像を投影できる4K超短焦点ホームシアタープロジェクター 

関連コンテンツ

プロジェクタ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト