ソニー、小型化したレーザー光源採用4K HDRプロジェクターなど2機種

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > プロジェクタ > ソニー、小型化したレーザー光源採用4K HDRプロジェクターなど2機種

ソニー、小型化したレーザー光源採用4K HDRプロジェクターなど2機種

2017年9月11日 15:33掲載

VPL-VW745 VPL-VW245 VPL-VW245

ソニーは、4K HDR対応ホームシアタープロジェクター「VPL-VW745」「VPL-VW245」の2機種を発表。「VPL-VW745」を12月9日より、「VPL-VW245」を10月21日より発売する。

いずれも、独自開発のディスプレイデバイス ネイティブ4K SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)パネルを搭載し、4096×2160ドットの4K解像度に対応したモデル。HDR映像入力には、映画やオンライン配信などで使われるHDR10方式と、放送用のHDR方式であるHLG(Hybrid Log Gamma)の両方に対応する。

また、同社が十数年培ってきた「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」を搭載。パターン分類手法を「学習型」に進化させることで、画像に合わせた最適な超解像処理を可能にし、フルHDの映像信号(3Dを含む)をより高精細な4K映像信号に変換する。

■「VPL-VW745」

「VPL-VW745」は、青色レーザーと蛍光体を組み合わせた独自開発のレーザー光源システム「Z-Phosphor」を採用し、2000ルーメンの豊かな光量を実現。ネイティブ4K SXRDパネルとの組み合わせで、高輝度と高コントラストを両立し、全体の明暗の差が大きいHDRの映像も、暗い箇所から明るい箇所まで鮮明に表現する。

また、レーザー光源システム「Z-Phosphor」を搭載しながら、奥行約496mmで、従来機種「VPL-VW5000」のレーザー搭載モデルよりも約40%コンパクトなサイズを実現する。レーザー光源寿命は約20000時間となっており、ランプ交換が不要だ。

このほか、HDMI入力端子×2を搭載。本体サイズは560.0(幅)×223.0(高さ)×495.0(奥行)mm。重量は約20kg。ボディカラーはブラック。

価格は1,700,000円(税別)。

■「VPL-VW245」

「VPL-VW245」は、上位機種と同様に独自のネイティブ4K SXRDパネルや、データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)を搭載。家庭で本格的な4K HDR映像を楽しめる。

また、光源は225Wの高圧水銀ランプを採用し、光量が1500ルーメン。ランプ寿命は、ランプコントロール「低」時で6000時間となり、大幅アップさせている。

このほか、HDMI入力端子×2を搭載。本体サイズは495.6(幅)×195.3(高さ)×463.6(奥行)mm。重量は約14kg。ボディカラーは、ブラックとプレミアムホワイトの2色を用意する。

価格は550,000円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
SONY VPL-VW745 [ブラック] レーザー光源を採用した4K HDR対応プロジェクター 
SONY VPL-VW245 (B) [ブラック] 水銀ランプ光源を採用した4K HDR対応プロジェクター 

関連コンテンツ

プロジェクタ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト