パイオニア、USB Type-C接続に対応したポータブルBDドライブ2機種

ホーム > 新製品ニュース > パソコン > ブルーレイドライブ > パイオニア、USB Type-C接続に対応したポータブルBDドライブ2機種

パイオニア、USB Type-C接続に対応したポータブルBDドライブ2機種

2017年11月28日 16:58掲載

BDR-XD07J-UHD BDR-XD07BK BDR-XD07R
BDR-XD07W

パイオニアは、クラムシェル型のポータブルBDドライブ「BDR-XD07J-UHD」「BDR-XD07」の2機種を発表。12月上旬より発売する。

いずれも、USB Type-Cへの変換ケーブルが付属しており、USB Type-C搭載のパソコンやAndroid端末と接続することが可能だ。なお、「BDR-XD07J-UHD」は、4K解像度のUltra HD Blu-rayの再生に対応する。

また、無料のAndroidアプリ「Wireless Hi-Res player 〜Stellanova〜」(12月上旬配信予定)を提供し、Android端末と本機をUSBケーブルで接続することで、直接音楽CDの取り込み・再生が可能だ。

機能面では、音楽CDの読み取り精度を高める「PURE READ3+(原音再生)」や、無駄な電力を抑える「インテリジェントエコ機能」、動作音を低減するアドバンスド静音機能を搭載。データの長期保存が可能なM-DISCにも対応する。

ブルーレイディスクへの最大記録速度は、BD-Rが6倍速、BD-R DLが6倍速、BD-R(LTH)が6倍速、BD-R TLが4倍速、BD-R TLが4倍速、BD-REが2倍速、BD-RE DLが2倍速、BD-RE TLが2倍速。

バンドルソフトとして、CyberLink製の「PowerDVD14」「PowerDirector 14 LE」「Power2Go 8」「InstantBurn 5」「InstantBurn 5」「LabelPrint 2.5」「Photo Director 5 LE」を用意する。

動作環境では、「BDR-XD07J-UHD」がMac OSに非対応。「BDR-XD07」はMac用ソフトを用意することで使用することが可能だ。

このほか、本体サイズは133(幅)×14.8(高さ)×133(奥行)mm。重量は230g。ボディカラーは、「BDR-XD07J-UHD」がブラック、「BDR-XD07」がブラック、レッド、ホワイトの3色を用意する。

価格はいずれもオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
パイオニア BDR-XD07J-UHD [ブラック] USB Type-C接続に対応したポータブルBD(Ultra HD Blu-ray対応・ブラック) 
パイオニア BDR-XD07BK [ブラック] USB Type-C接続に対応したポータブルBD(ブラック) 
パイオニア BDR-XD07R [レッド] USB Type-C接続に対応したポータブルBD(レッド) 
パイオニア BDR-XD07W [ホワイト] USB Type-C接続に対応したポータブルBD(ホワイト) 

関連コンテンツ

ブルーレイドライブ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト